株式会社澤田建装様のパンフレットを制作させて頂きました。

ようやく朝晩が凌ぎやすくなりました。

今年の夏は、酷暑+マスク着用で、例年よりも暑く感じましたが、

皆さま、お元気でいらっしゃいますか?

今回は、最近のお仕事としてご紹介させて頂きます。

枚方市にあります「株式会社澤田建装」さんは、

来年30周年を迎えられるという建設会社さんで、

パンフレットをリニューアルされることになり、弊社にご依頼頂きました。

 

何と偶然にも、澤田社長は私と同い年で、枚方市出身ということが分かり、

同じ時代を同じ土地で生きてきた者同士ということもあって、共感共鳴出来ることも多く、

ご提案させて頂く際にも話が膨らみ、大変やりがいのある仕事となりました。

 

{og_image}

表紙は、澤田社長のお好きな色である赤と黒を基本色としてデザインしました。

株式会社Z建材という会社も経営されていますので、合わせて表現出来ました。

 

経営理念と澤田社長のご挨拶

ロゴマークは、創業当時に六角ナットをイメージして作られたそうです。

六角形は、とてもバランスのとれた形で、調和や安定を意味するらしく、

亀の甲羅等縁起のいいものに象徴されているようです。

現在も安定した経営をされているのは、このロゴを作られた所から始まっていました。

 

 

事業内容と施工事例

 

沿革とこれから

年表では、六角形を基調に右肩上がりの会社を表現し、

専務さんや常務さんにもインタビューさせて頂きました。

現在の副社長である奥様と二人三脚で枚方市藤阪で創業されて、

次世代に繋がって、事業が成長し継承されて行くのは凄いことです。

 

会社概要

この写真は、国見山展望台より撮影したものです。

見晴らしのよい日には、六甲山、大阪湾、ハルカス、天王山、

京都市街、淀川、比叡山等関西一円が見渡せることから、

ここに津田城があったのが、よく分かります。

「天下をとるぞ!」という澤田社長の強い意志を表現しました。

 

終わりに。

このパンフレットを制作させて頂いたことで、

普段何気なく見ているビルや建物は、沢山の方々の知恵や力によって、

建てられているのを、改めて感じた次第です。

これからもどんどんと進化して行くであろう技術や工法も、

人の叡智の積み重ねで、それを使いこなして建てているのもまた人です。

時代の変化やニーズに対応し、常に研鑽し続けるのは、

どんな業種であれ、同じことです。

 

創業してからも幾多の苦難を乗り越えて、

着実に業績を伸ばしていらっしゃる澤田社長から

良い刺激やエネルギーを頂戴することが出来ました。

このお仕事をご依頼頂きまして深く感謝申し上げます。

「株式会社澤田建装」の益々の発展の為に、

このパンフレットが少しでもお役に立つことを、

心よりお祈り申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無印良品 京阪ひらかた「つながるマルシェ」出店のご案内。

新型コロナに遅い梅雨明けと大変な状況は続きますが、

とにもかくにも、青空に積乱雲の夏がやって来ました!

暑中お見舞い申し上げます。

 

さて、久しぶりの催事出店のご案内です。

新型コロナの影響で、営業時間の変更がございますので、

ご注意下さいませ。

 

催事タイトル:無印良品 京阪ひらかた「つながるマルシェ」

日程:2020年8月7日(金)~8月10日(月・祝)

営業時間:7日(金)のみ 10時~19時40分

     8日(土)~10日(月・祝)10時~17時40分

開催場所:京阪電車 枚方市駅 2階中央口コンコース改札外 もより市広場

 

今回は、新製品も多数揃っておりますので、お見逃しなく!

 

新発売!「地域をかたるご朱印帳」

枚方市穂谷の竹紙×淀川のヨシ紙のコラボ商品

このご朱印帳で、地域の神社仏閣巡りはいかがでしょうか?

 

山田兄弟製紙さんから新発売の「越前和紙抗菌加工マスクケース」

アローズファームさんの今年収穫の「トマトソース」

田中ぶどう園さんの今年収穫の「ぶどうビネガーとシロップ」

火間土さんの「ヨシディップソース」

 

もちろんいつもの定番商品もご用意しております!

 

皆様に、お久しぶりにお目にかかるのを楽しみにしております。

コロナ感染症対策を万全にしてお待ちしておりますので、

何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

「NHKニュース関西スポット」でご紹介頂きました。

今年もまた大雨による災害が発生し、

その悲惨な光景をテレビ等で拝見すると心が痛みます。

今年はコロナ禍も加わり、何とも言えない気持ちになります。

被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

 

さて、弊社も今年7月初旬に出展する予定だった

パリでの展示会「ジャパンエキスポ2020」が中止になり、

海外への販路開拓が途絶えて残念だなと思っていましたところ、

ひょんなことから連絡が入り、思いがけない展開となりました。

 

ラポール22という英会話スクールのコロナ禍における新しい取組みの一つとして、

「ヨシ紙」を英語版バージョンでYouTubeにアップ頂くことになり、

その様子が、7月13日(月)夕方のNHKのニュースに流れました。

 

私もちょこっとインタビューされたり、映し出されたりしましたが、

マスクをしていたので、誰か分からんかな?と思ってたら、

画面に思いっきり私の名前が出てたので、もはや隠せなかったという。。。

 

番組はこちらからご覧頂けます⇒https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20200713/2000032255.html?__FB_PRIVATE_TRACKING__=%7B%22loggedout_browser_id%22%3A%22d5ab4d95b44f19a7f8c41e92724416b5402420c0%22%7D&fbclid=IwAR3pMSSxix640q90EVPnoqLxXt95raHlbc6UqhpVk164FDl6Tl3pnp29npU

 

そうして、完成されたYouTubeはこちらです!

 

今回の取材にお声をかけて頂いた上、YouTubeを制作して頂きました

株式会社ラポール22の社長をはじめ、スタッフの皆様に、心より感謝申し上げます。

コロナ禍の中で、ピンチをチャンスに変えようと、

こうやって前を向いて取り組まれている事業者さんとご一緒させて頂くと、

触発されて相乗効果が生まれることを実感しました。

 

これで、ヨシ紙が世界に広まって行けば最高です!

淀川・鵜殿ヨシ原のヨシをヨシ紙に抄造して下さっているのは、

福井県にある山田兄弟製紙株式会社です。

出会いは、鵜殿ヨシ原研究所の小山先生からのご紹介で、

もうかれこれ13年程のお付き合いをさせて頂いております。

 

そして、ヨシの活用はこれからも続きます。

近々また新しい取り組みをご報告出来るかと思いますので、

乞うご期待を。。。

これからも、コツコツと頑張りますので、

皆様、今後共よろしくお願い申し上げます。