2018.05.01 Tuesday 22:36

ひらかた京町家<万庄・よろしょう>で日本文化と淀川を楽しむ会

ゴールデンウイークはいかがお過ごしでしょうか?

さて、淀川ブランド推進協議会が、これから毎月第2日曜日に

(変更になる可能性もございます。)

「ひらかた京町家にて日本文化と淀川を楽しむ会」を

開催させて頂くことになりましたのでご案内させて頂きます。

是非とも、ご参加頂きますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

 

第1回 テーマ:「淀川鵜殿ヨシ原のヨシ」と

       「浪華情趣十二ヶ月にみる大阪の歳事と料理」

 

日程:2018年5月13日(日) 11時〜15時

会場:ひらかた京町家 (枚方市伊加賀北町4-17)アクセス

入場料:1,000円(くらわんか酒や淀川オードブルのお試し等含む)

OPEN:11時 外門にて受付開始

13時〜14時 講演会 2階大広間 プロジェクター使用

15時 閉館 

 

ひらかた京町家の季節の展示:「端午の節句」

 

 

ギャラリー展示:「浪華情趣十二ヶ月」(掛け軸協力:松岡表具店)

        ヨシ創作照明(アトリエMay)

 

 

詳細は、下記の通りです。

ヽ位腓納付→入場料1,000円と家屋説明書等配布→庭を通って玄関へ

A:フリー(ギャラリー展示とお庭を中心にお楽しみ下さい。)

B:館内説明ガイド希望者(10名単位でご案内させて頂きます。)

C::勉強会や演奏会等の参加者(予約優先:限定30名様)

                        

 

A:11時〜15時 東側納屋米倉ギャラリーにて

・「枚方くらわんか酒」と「淀川オードブル」を楽しんで頂きます。

・枚方・穂谷の竹炭焙煎珈琲(里山カフェ)200円〜

・展示販売(ヨシ紙・竹紙・復刻くらわんか茶碗・べっこうしじみ飴等)

・ギャラリー展示:「浪華情趣十二ヶ月」(掛け軸協力:松岡表具店)

          ヨシ創作照明(アトリエMay)

   

B:館内ガイド希望者10名様毎→日本庭園と京町家の家屋をご案内

 

 

C:13時〜14時 2階大広間にて講演会(ご予約優先 30名)

テーマ:「淀川鵜殿ヨシ原のヨシ」と

    「浪華情趣十二ヶ月にみる大阪の歳事と料理」

要予約 30名

講師:鵜殿ヨシ原研究所所長 小山弘道氏

   浪速魚菜の会 代表 笹井良隆氏

 

*お問合せとご予約は株式会社アトリエMay 塩田まで

お電話:072-845-4039(土日祝日はお休みです。)

メール:yoshi☆art-may.jp(☆を@に変えて下さい)

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Cは要予約(別途料金必要なものもございます)

毎月テーマを決めてワークショップや演奏会等開催予定

(催事内容は変更になる可能性がございます。

毎月の催事のご案内をお確かめ下さいませ。)

 

6月 竹紙作家の田上武子さんのワークショップ

  (枚方・穂谷の竹を使用した竹紙の紙漉き体験)材料費別途

7月 淀川の天然鰻入り弁当と篳篥演奏会 (演奏:深親 亮介)3,000円

8月 ヨガと音楽のコラボ(ヨガ:菊池真紀)

9月 ワークショップ.廛螢供璽屮疋侫薀錙失邁函中大路薫氏材料費別途

    ワークショップ⊂床表具店によるミニ掛け軸材料費別途

10月 着物の着付け講習と館内での写真撮影 3,000円

11月 脇田龍峯先生の書のパフォーマンスとカレンダー文字制作等材料費別途

12月 年末年始の大阪料理を楽しむ(笹井氏の講演と料理)3,000円

その他:和楽器演奏会・日本茶を楽しむ・今更聞けない日本の礼儀作法等


2018.04.27 Friday 02:00

「枚方くらわんか酒のお披露目会」と「淀川浪漫紀行枚方プレミアム」

4月22日(日)は、青い空と大いなる淀川を味方につけて、

「枚方くらわんか酒」がデビューを果たした記念すべき日となりました。

 

「枚方くらわんか酒」はクラウドファンディングによって

沢山のご支援から生まれた枚方産ヒノヒカリ100%使用したお酒です。

詳しくは→ https://faavo.jp/osaka/project/2487

 

ご支援頂いた方413本と淀川浪漫紀行に優先にお届けして、

その後のお酒を、一般販売させて頂くことになりました。

クラウドファンディングにご支援頂きました皆様には、

今年限りのPREMIUMラベルに、

申し込み頂きました順番にシリアルナンバーをお付けし、

淀川浪漫紀行には、専用のシールをお付けして、

既にお届けしております。

 

 

さて、9時30分に八軒屋浜から出航した観光船ひまわり。

今回の「淀川浪漫紀行 枚方プレミアム」も

前回に引き続き、アトリエMayで企画運営をさせて頂きました。

 

お陰様で、お天気にも恵まれて最高のクルージングとなりました。

 

 

往路の「淀川ランチボックス」は、天神橋筋にあります

「和伊バル たなかキカク」さんに作って頂きました。

淀川天然鰻や、大阪オイルサーディン等を使って頂き、

お米も特別に枚方くらわんか酒と同じ、枚方産ヒノヒカリを

使用して頂きました。

 

 

復路は、枚方市にあります「天の川なかなか」さんの

「淀川旬菜弁当」を作って頂きました。

こちらには淀川天然鰻と八幡巻を入れて頂きました。

 

どちらも個性があって、食の競演が出来たと思っております。

 

 

船内の音楽は、淀川の音色とも言える篳篥演奏の深親亮介さんと

大正琴の演奏の川端美保子さんとで協演して頂きました。

五六市でお馴染みの枚方市三矢町にある「ギャラリー可祝」

オーナーさんでもあり、深親さんは、そこで篳篥教室もされています。

安心のコラボレーションでした。

 

 

予定通り12時30分に到着しました枚方船着場では、

すでに沢山の方々にお集り頂いておりました。

不慣れながら、塩田が司会を務めさせて頂きました。

 

 

深親亮介さんには、こちらでも篳篥演奏をして頂きました。

淀川をバックに、その音色は美しくたなびいておりました。

曲は「越天楽」黒田節の原曲ともいわれ、本日の鏡開きに

相応しい演出となり、自分で感激した次第です。

 

 

鏡開きにご参加頂きました皆様は、下記の通りです。

枚方市長 伏見 隆様

枚方市議会議長 福留 利光様

北大阪商工会議所 副会頭 亀岡 育男様

京阪ホールディングス株式会社 経営統括室部長 江藤 知様

山野酒造株式会社 代表取締役社長 山野 久幸様

 

乾杯の音頭は、淀川ブランド推進協議会理事 笹井良隆氏です。

 

 

枚方市の伏見市長を囲んで、記念撮影が始まりました。

枚方市さんにも大変応援頂いたからこそ実現出来ました。

淀川は、枚方市の宝物だと思います。

 

現代の三十石船ともいえる観光船ひまわりをバックに記念撮影会

皆さんの笑顔を拝見し、本当にほっとしました。

 

毎日新聞さん等の取材もありました。

記事はこちらです→ http://mainichi.jp/articles/20180423/ddl/k27/040/263000c

 

 

何と!お手製の「くらわんか舟」も現れたという!

イベントに一役買って頂きました河川レンジャーでもある

枚方市在住の山口さん。ありがとうございました。

まさしく三十石に寄り添って、「酒くらわんか〜」と言って、

お商売をしていたのが、こんな感じだったのでしょうか。

 

 

淀川のPRブース

淀川河川事務所さんにも大変お世話になりご協力頂きました。

 

 

枚方くらわんか酒ブーステント&枚方くらわんか酒ののぼりです。

こののぼりが、あちこちで立つようになりますように。。。

 

 

鏡開きのあとの「枚方くらわんか酒」の樽

アトリエMayでデザインさせて頂きました。

この思い出深き樽を大切にしまっております。

 

 

枚方くらわんか酒のチラシ制作致しました。

裏面に、取り扱い店さんの一覧がございます。

ご入用でしたら、アトリエMayでご用意致しております。
お陰様で、既に山野酒造さんに注文が殺到し、

取扱店さんに次々とオーダー頂きまして、ほぼ完売状態だそうです。

枚方市内の百貨店さん、酒屋さん、飲食店産などで

是非とも早めにお求め頂ければ幸いです。

 

これから先も未来永劫「枚方くらわんか酒」が

地元の名物として続いていくことを祈念しております。

今後とも皆様のお力添えを何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

 


2018.02.22 Thursday 19:07

淀川浪漫紀行 枚方プレミアム&「くらわんか酒」振舞酒企画しました!

少しずつ春らしくなって参りました。

12月25日から始まりました「くらわんか酒」クラウドファンディングも、

いよいよ残すところあと6日となりました。

お陰様で、200%達成することができました!

最終300%達成を目指しております。

是非とも最後のご支援をよろしくお願い申し上げます。

 

ご支援頂けるかたはこちらから。。。。

https://faavo.jp/osaka/project/2487

 

 

これまでにご支援頂きました皆様に、これからご支援頂く皆様に、

感謝を込めて、イベントを企画させて頂きました。

昨年12月3日に「淀川浪漫紀行プレミアム」が、4月22日(日)に、

春の特別企画「淀川浪漫紀行 枚方プレミアム」として、

開催されることになりました!

船内では、雅楽の篳篥と大正琴の音色を楽しんで頂き、

淀川天然鰻が入ったお弁当を召し上がりながら、

しぼりたての「枚方 くらわんか酒」をご堪能して頂ければと存じます。

こちらのご予約は、大阪水上バス株式会社06-6942-6699(9時から17時)へ。

上記の登り便が枚方船着場に到着した後に、下記の振舞酒イベントを開催致します!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日時:2018年4月22日(日)*気象・河川の状況等により中止する場合がございます。

  嵋臺 くらわんか酒お披露目会 鏡開きと振舞酒」 

   12時30分〜14時30分頃

  *枚方くらわんか酒クラウドファンディングにご支援頂いた方は無料です! 

  *振舞酒が無くなり次第、終了となります。

◆嵳篝醢果ゝ行犂儻船ひまわり”乗船体験」

  第一便 13時20分〜13時45分頃

  第二便 14時05分〜14時30分頃

  料金:500円(予定)

  *枚方船着場を約25分間周遊します。

  *各便定員は50名(事前申し込み優先)です。
  

これまでにご支援頂いた方は、クラウドファンディングのメッセージで

お申し込み頂いても大丈夫です。

またお電話にてのお申し込みも可能です。

株式会社アトリエMay 塩田 電話:072-845-4039

受付時間:11時〜18時(土日祝日除く)

 


2017.11.09 Thursday 01:58

プレミアムな淀川舟運イベントのご案内です。

秋もすっかり秋も深まり、紅葉も見頃となりました。

さて、ここ数か月にわたり、色々と模索して参りました

淀川舟運イベントが公開され、いよいよ予約開始となりました。

大阪水上バス株式会社、京阪ホールディングス株式会社、

枚方市とご一緒させて頂き、大変有意義なお仕事をさせて頂きました。

詳細は、下記の通りです。

1日限りのプレミアムなイベントなので、

今年1年のご褒美としては超おススメです!

 

淀川の大 いなる恵み(パワー)を満喫して頂き、

 これからの人生のより良い流れに乗れますように。。。。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

優雅なクルーズ船「ひまわり」で、淀川の恵みと歴史を再発見!
「淀川浪漫紀行プレミアム」
【運 航 日】

平成29年12月3日(日)
※気象・河川の状況等により、運休もしくはコースを変更する場合があります

 

【主催】 大阪水上バス株式会社
【共催】 枚方市、京阪ホールディングス株式会社
【企画運営】 株式会社アトリエMay
【協力】 一般社団法人淀川ブランド推進協議会
【後援】 国土交通省近畿地方整備局淀川河川事務所、枚方文化観光協会、

淀川舟運整備推進協議会
【申込方法】

ひまわり予約センター
06(6942)6699 受付時間:9時から17時まで

大阪水上バス株式会社HPをご覧下さいませ。

 

 

 

お食事:特製「淀川旬彩弁当」
(淀川天然鰻を使用、淀川産しじみ汁・お茶付き)

 

 

一押しの「淀川旬菜弁当」においては、

淀川産の天然鰻やハゼ、しじみ等を盛り込んだ淀川の恵みそのもの。

他にも大阪産の野菜を使用しており、大阪を食す旅でもあります。

このお弁当の企画には、

淀川ブランド推進協議会の協力なしでは語れません。

 

+1,000円で「淀川天然鰻特製鰻重」に変更可能です(限定20食)

淀川天然鰻を堪能したい方には、こちらでどうぞ!

 

 

淀川の新名物?「ヨシの葉寿司」も、天然鰻がのっています!

 

 

また、下り便「淀川下りの旅コース」では、
淀川の恵み3品(オードブル)と日本酒3種飲み比べセット
(彦星の山、織姫の里、千人の月見の宴)が+されています!

いずれも、山野酒造株式会社製造の日本酒で、

ラベルにヨシ紙を使用し、アトリエMayでデザインさせて頂きました。

 

天の川伝説と淀川月見の宴をイメージしています。

 

「篳篥演奏会」(平安装束の狩衣)

篳篥奏者 深親 亮介氏

 

淀川の魅力として欠かせない、鵜殿ヨシ原のヨシ。

このヨシで雅楽の管楽器篳篥の吹き口(リード)が製作され、

宮内庁雅楽の篳篥奏者も使用されているそうです。

 

平安時代の貴族達が、度々訪れたとされる交野ケ原と

鵜殿ヨシ原は、淀川をはさんで対岸になります。

雅楽は奈良時代に伝来され、平安時代に確立されたようですし、

そんな歴史に想いをはせながら、

この篳篥の音色をお楽しみ頂ければ幸いです。

 

 

船内の各テーブルには、淀川のヨシや穂谷の竹から生まれた

和紙を使用したあかりが灯ります。

 

 

お土産コーナーとして、

淀川にまつわる品々の淀川マルシェもございます。

 

その他の特典も色々ご用意して頂きました!

・淀川流域案内(淀川ウォッチングマップ全員配布)
・パナマ運河方式の毛馬閘門通過体験
・市立枚方宿鍵屋資料館の自由見学(入場券付き)
・淀川資料館の自由見学(無料)
・枚方周辺の散策マップの提供

 

盛り沢山なこの企画にご協力頂きました

関係者様には、心より感謝申し上げます。

 

このプレミアムな淀川舟運イベントを通じて、

今まで知られていなかった淀川の魅力を、

皆さんに知って頂きたいと思います。

どうぞよろしくお願いしますm(__)m

 

 

 

 


2017.10.11 Wednesday 01:57

淀川ブランド・ものづくりセミナーのご案内です。

10月も、あっという間に中旬となってしまいました。

静かに紅葉も始まっており、行楽シーズン真っ只中で、

どこか旅行にお出かけになられましたか?

 

さて、こんな秋の1日はいかがでしょうか?

 

「淀川ブランド・ものづくりセミナー」のご案内です。

第一回目のテーマは、「ヨシ」です。

 

日時:10月17日(火)14時〜

会場:枚方市民会館 別館2回 第5集会室

参加費:無料(16時からの交流会は1,000円)

主催:淀川ブランド推進協議会

共催:枚方市

後援:大阪市 大阪商工会議所

   北大阪商工会議所

 

 

勿論、鵜殿ヨシ原研究所所長の小山先生の講演もございますし、

アトリエMayがヨシをテーマに商品化に取り組んで参りました

お話もさせて頂きますが、

今回は、北大阪商工会議所や枚方市さんからも

ヨシの取り組みのお話がございます。

 

淀川の歴史や恵みに触れて頂くのもヨシ!

淀川の地域資源を有効活用し、皆様のお商売に繋げて頂くのもヨシ!

淀川の産物を召し上がって頂くのもヨシ!

 

詳細は、下記の通りです。

まだまだ残席がございます。

お申し込みは、アトリエMayの塩田まで。

TEL 072-845-4039

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

これから、ヨシの穂が出て黄金色に染まる美しいヨシ原を

散策されるものおすすめです!

 

色んなヨシの楽しみ方を見つけに、秋の1日是非お越しください。

 

 


<<new | 1 / 2pages | old>>
 
PR
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.