竹紙シェードが東京のフィットネスクラブに採用されました。

梅雨の中で、色鮮やかな紫陽花が咲きほこる頃となりました。

今回は、竹紙シェード制作のお仕事のご紹介です。

大変嬉しいお仕事の依頼がありましたのは、

新型コロナ緊急事態宣言発令後、真っ只中のことでした。

 

創作和紙シェードのオーダーと言えば、

和食店さん等の店舗空間での照明かと思いきや。。。

今回は何と!東京都墨田区にあるスポーツジム

24Hフィットネス筋二郎」さんからご注文を頂きました。

関連会社に「株式会社日本マシンサービス」があり、

大変ユニークな自動販売機を作っていらっしゃる会社です。

HPを拝見させて頂きまと、特許等沢山の知的財産を所有されており、

今回は、コロナ感染防止対策として、

「フィットネス換気システム」と

「フィットネス空気清浄システム」を開発されたとのことで、

現在、こちらも特許申請中とのことです。

詳細は、フィットネス筋二郎さんのメディア掲載ブログから

 

⇒ https://ameblo.jp/kinjirou-dev/entry-12605182547.html?frm_src=thumb_module

 

このフィットネスクラブの空気清浄機のフードカバーとして、

枚方市穂谷の竹から生まれた竹紙で創作させて頂きました。

 

送って頂きました画像を施工例としてご紹介させて頂きます。

 

 

 

 

「24Hフィットネス筋二郎」さんのコロナ対策のブログや

YouTubeにもこの「竹紙空気清浄機フードカバー」を

ご掲載頂きました。

 

ブログ⇒ https://ameblo.jp/kinjirou-dev/entry-12605277288.html

 

 

YouTube⇒ https://www.youtube.com/watch?time_continue=13&v=_4EPsrgVgxI&feature=emb_logo

 

 

HPを見ていると、階下にはコインランドリーがあったり、

色んなアイデアや配慮が盛り込まれているスポーツジムに感激!

近くにあれば会員になっているのは間違いないです(^^♪

 

さて、この「竹紙」とは?というと、

アトリエMayのHPの「竹紙」をご覧頂ければ幸いです。

この紙を漉かれたのは、枚方市在住の田上武子さんです。

その竹紙を駆使して、それぞれ個性的なシェードを制作致しました。

(サイズ:□520□720H560)

 

今回の創作シェード3点についてのテーマのご紹介です。

全てオリジナルの1点ものです。

 

竹そのものの色で、自然な生成り色の水玉模様(落水)で構成しています。

センターの十字(重なり)をアクセントにデザインしました。

シンプルな竹紙を楽しんで頂けます。

 

春夏秋冬を表現したもので、4面共柄が違います。

左から(夏⇒春⇒冬⇒秋)です。上部は落水です。

竹のゴワゴワした繊維感が面白い表情を見せてくれます。

また、田上武子さんの竹紙がすごいところは、

紙の染色は全て草木染めされているのです!

竹を水に浸して繊維を取り出すまでに2年+草木染

紙漉きまでの作業が楽しいとおっしゃるのが素敵です!

 

草木染め(藍染めの濃淡・竹皮・杉・桧・そよご・柿渋等)

自然の色合いが人の心を癒し、和み効果も倍増!

 

竹には「抗菌・防臭」効果が認められておりますので、

竹100%の繊維で漉いた「竹紙」にも効果があると思います。

この特許申請された「空気清浄・換気システム」のハイテクと

中国最古の紙漉き製法の「竹紙」が融合し、

時代を超えた新型コロナ対策の空気清浄器となるかもしれませんね。

 

現代の人間の知恵で、新型コロナに勝つことが求められる昨今、

今回のお仕事に繋がり、弊社も微力ながら貢献出来たとしたら、

これほど嬉しいことはございません。

お声をかけて頂きましたエイゼングループさんには、

心より感謝申し上げます。

 

また、少しサイズ感を小さくしてペンダント照明にすると、

とても美しい和みの和紙のあかりが生まれますので、

また時期をみて創作したいと思います。

皆様のご注文をお待ちしております(^^♪

 

淀川のヨシから生まれたヨシ紙と出会って、

右も左も分からぬまま始めたものの、

気が付けば、もう丸13年が経とうとしています。

淀川のヨシや枚方市穂谷の竹という地元の地域資源をデザインし、

持続可能な社会貢献性のある事業として、

これからも精進させて頂きたいと存じます。

今後共何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

最近のお仕事のご紹介です。

ブログは、約2カ月のご無沙汰ですが、

皆様はお変わりなくお過ごしでしょうか?

季節は廻り、今日も、雨がそぼ降る中で、朝がやって来ましたね。

コロナ禍もようやく収束に向かいつつありますが、

まだまだ安心できないとはいえ、

一山超えたようで、一旦ホッとしています。

 

幸いなことにコロナにかかっていなくても、

色んなところで、誰もが、大なり小なりの影響があって、

何とも言いようがありませんが、

前を向いて、また次の山に向かって行かなくては行けません。

共に頑張りましょう。

 

 

さて、そんな中、アトリエMayとしましては、

お店はオープンせずとも、デザイン業務のお仕事は、

着々と進んで参りました。

その中のいくつかをご紹介させて頂きます。

まずは、株式会社アローズファーム(交野市)さん。

昨年の春に法人化されたタイミングから

ホームページをはじめとしたデザイン業務を担当させて頂いております。

 

その美味しいトマトの収穫がいよいよ始まっております。

風光明媚な交野市で、とても丁寧に育てられたトマトは絶品です!

HPのオンラインストアからもご購入出来ますので、

是非、この機会にお買い求め下さいませ。

こちらのギフトボックスもパンフレットもデザインさせて頂きました!

リコピン一杯のトマトボックスは、夏のギフトにも最適です!

 

それから、それから。。。。

大阪市業業協同組合の六次産業化による

大阪湾で収穫されましたマイワシ「金太郎鰯」というブランドもんが、

プレミアムなマイワシのオイルサーディンの缶詰となりました。

こちらのパッケージデザインを担当させて頂きました。

弊社のHPのネットショップからもご購入頂けます。

 

ちょっとお高めで恐縮ですが、

プレミアムなマイワシ缶詰は、油が乗って大変美味しいですよー!

アローズファームさんのトマト×大阪湾マイワシ缶詰

×天野川セイタカヨシパスタ(グリーンの夏色パスタ)

 

地元の食材満載で、免疫力アップや夏バテ防止の最強メニューとして、

ひんやり冷えた「くらわんか酒」と共にいかがでしょうか?

 

天野川セイタカヨシパスタは、そうめんのお出汁で召し上がって頂くと

とっても美味しいですよー!是非お試し下さい!

こちらもアトリエMayネットショップで販売中です。

 

地域の詰め合わせセット

こちらの商品パッケージは、全てデザインさせて頂きました。

 

そんなこんなで、地域資源のデザイン事務所として、

コツコツとお仕事をさせて頂いております。

また、お近くにお越しの際は、是非ともお立ち寄り下さいませ。

店内は、空機清浄機を設置したり、コロナ対策も心掛けておりますので、

ご安心下さいませ。

今後共、よろしくお願い申し上げます。

 

 

地域のアンテナショップとしてリニューアルオープンしました。

秋の気配を感じる頃となりました。

皆様、お元気でいらっしゃいますか?

今年も、かなりの猛暑でしたが、

その中で、改装工事をして頂きました工事関係者の皆様には、

大変キツイ状態だったのではないかと思います。

そんな皆様のご苦労のお蔭で、

ようやく新店舗をオープンすることが出来ました。

 

 

「アトリエMay」の看板もあがりました。

創業13年目にして、ようやく小さなお城を築けたかな?という感じの

リニューアルとなり、本当に感無量です。

 

この看板制作をはじめ、今回のリニューアルには、

神戸のTBJインテリアデザイン建築事務所さんに

大変お世話になりました。

北村社長は、昨年のパリの「メゾン・エ・オブジェ展」で、

ご一緒させて頂いたデザイナーさんです。

 

施工は、田渕工務店さんにお願いしました。

暑さ厳しい中で、職人さんにはよく頑張って頂き、

もう感謝しかありません。

 

また、一時引っ越しの際、多大なご協力を頂きました

株式会社加地の社員の皆様。

どれほど助かったことか。。。

いつも色々なご無理をお願いしてすみません。

ほんとにありがとうございました。

 

 

今回の改装で特筆すべきは、この左官工事に使用された

「モールテックス」「MORTEX®」です。

セメントを含む特殊建材を製造しているベルギーのメーカー

BEAL社が開発した左官塗材だそうで、まだ日本では

施工例が少ないとのことでした。

どうしようか悩みに悩みましたが、

TBJの北村社長に背中を押されて決心した甲斐がありました。

 

 

何層にも塗り重ねられた壁は冷たくて温かくて、

その表情が美しい!これは本当に正解でした!

ドアやテーブルにも施して頂きました。

職人さんの技術があってこそ生きて来るものだと思います。

遠路遥々加古川からお越し頂いた「J-craft」さん、

本当にありがとうございました。

 

 

今回は、外にも内にも淀川の葦を飾って頂きました。

モールテックスの無機的な壁面に、ヨシが合うことに感激しました。

このヨシがあってのアトリエMayですから、

ヨシをシンボルマークに出来たことも良かったと思います。

 

 

ドアノブは、南部鉄器製のものをご提案頂きました。

これもとてもキリっとしていて素敵です。

 

店内にもヨシ。ヨシは邪気を祓うとも言われていますので、

内も外もヨシに守られて、文字通りヨシヨシです。

中央の一枚板のテーブルは、ご存知家具工房ラフトさん作です。

 

 

カウンター下の椅子も家具工房ラフトの光武さん

 

 

外のヨシも背景としてチラッと見えるのもお気に入りです。

 

 

色んな和紙の間接照明をご体感頂けるようにしました。

和紙のあかりのショールームにもなっています。

これも私の念願がやっとやっと叶いました。

是非、オリジナルな和紙照明をお楽しみ下さいませ。

 

 

和紙作家の小林順子さん作

トイレの照明にもこだわりました。

「くらわんか舟」をイメージしています。

 

 

定番の「しおんー紙温ーシリーズ」のヨシ紙ステーショナリー、

枚方・穂谷の竹紙(田上武子さん作)ヨシ雑貨、

ラフトさんの木工アクセサリー「密」etc.

 

 

あまから手帖にも取材頂きました「交野メイド」商品や、

地元の「かたるおみやげ」も揃えて行きたいと思います。

「交野はらだやの生ぎょうざ」

「田中ぶどう園の神宮寺ぶどうのシロップ&ビネガー」

「アローズファームのエリートトマトソース」

上記の3商品については、弊社がデザインを担当させて頂きました。

 

他にも、「天野川セイタカヨシ」シリーズの詰め合わせセットや、

枚方・穂谷の竹炭で焙煎した「里山コーヒー」etc.

 

そして、商品にまつわる本を「蔦屋書店」さんの

コンシェルジュさんにセレクト頂きました。

それは、今年の1月〜3月まで、枚方T-SITEに期間限定ショップ

「地域をかたるおみやげ」をテーマに出店させて頂いたことが、

今回のリニューアルオープンに大きく影響を受けたからです。

あの時の大きな本棚に魅了された結果です。

これからも「本」は大切にしたいと思っています。

 

 

 

淀川水系のお酒の販売もしています。

直接酒蔵さんを回って、色々勉強させて頂きました。

どの蔵の皆さんにもご親切にご案内して頂きまして大感激でした。

しかしながら奥が深すぎて、なかなか大変です。

先は長いので、ぼちぼちとやらせて頂きます。

銘柄はその時々で変わります。

試飲・販売共に営業しております。

 

「片野桜」山野酒造株式会社(交野市)

 

「國乃長」壽酒造株式会社(高槻市)

 

「月の桂」株式会社増田徳兵衛商店(京都市伏見区)

 

「萩の露」株式会社福井弥平商店(滋賀県高島市)

 

 

そして、淀川水系の日本酒には、淀川水系の肴がぴったり。

左から、淀川天然鰻の八幡巻。枚方産トマトとクリーム。

そして手前は、淀川水系の稚鮎の燻製。

大阪市漁協組合や地元の農家さんにご協力頂いて、

食材にこだわってみたいと思います。

浪速魚菜の会大阪料理会を運営されている笹井良隆氏に、

監修・指導して頂くことになっています。

こちらもいちから勉強させて頂きます。

気長にお付き合い下さいませ。

 

営業時間:12時〜20時

定休日:土・日・祝日

ご予約も承ります。

5人以上13人までで貸し切り可能です。

ご予算や会趣旨の等ご相談下さいませ。

 

是非とも淀川ヨシのあかりの下、

淀川水系の食材と日本酒で、

ゆったりとした「酒タイム」をお過ごし頂ければ幸いです。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

最後になりましたが、沢山の方々にお祝い頂きまして、

この場をお借りして、お礼申し上げます。
皆様のお陰で、ようやくオープンできましたことを

心より感謝申し上げます。

 

クラブ関西の70周年記念品に「葦筆」を採用して頂きました。

お水取りが始まり、本格的な春が訪れるかと思いきや、

やはり今年も三寒四温の不安定な弥生の月でございます。

 

さて、春のめでたきご報告がございます。

2月1日に一般社団法人クラブ関西の70周年記念行事が開催され、

その記念品として、「葦筆」をご採用頂きました。

 

 

特注品「葦筆」ヨシボールペンは、特注の桐箱に入っています。

限定で300本作らせて頂きました。

 

 

70周年記念ですので、紫の鶴柄の越前和紙で包装させて頂きました。

勿論、熨斗紙は桜ヨシ紙です。

包装にも気合が入っており、出来上がった時の嬉しさよ。。。。

 

 

しかしながら、まだ誰もやったことがありませんので、

構想から完成までの半年間は、何やかやと大変でございました。

 

今回、ボールペン製作にご協力頂きましたのは、

ペンモードさんで、沢山の面白いオリジナルペンを製作されています。

ペンモードの松川さんをご紹介頂きましたのは、

西武高槻店の橋本さん。

橋本さんは、鵜殿ヨシ原のヨシ刈り体験も、

一昨年からご参加頂いており、今年も一緒にボールペン用の葦の為に

ご尽力頂きました。

このお二人無しでは、語れない「葦筆」でございます。

 

 

ヨシの断裁を、事務所の前や自宅のガレージで行っていると、

皆さんに声をかけて頂くことが多く、その度に説明していました。

葦を知らない方も多く、熱心に聞いて頂けたのは意外でした。

今回のヨシは、細身のもので、長身のヨシ4mほどの

中ごろ2mあたりをカットしたのですが、柔らかい部分なので、

割れるものが多く、作業に手間取りました。

 

 

カットしたヨシを、1本1本タオルで磨いてやっと梱包作業へ。

手塩に掛けたヨシはとても愛おしいです。

 

今回使用させて頂きましたヨシは、2015年1月と、2017年1月に

刈り取りをし、乾燥させていたものでしたが、

昨年のものが、若干乾燥が足りなかったのか、

納品後にひび割れたものもあり、

再度人工的な乾燥をかけたものもありました。

やはり、初の試みとあって、なかなか思うようにいかず大変でした。

 

また、天然のヨシですので、その年の自然環境の影響を受け、

ヨシの生育も異なり、強度、肌艶、色目、虫食いの柄?等、

1本1本の個体差もあり、どれが正解かは、まだ分かりません。

逆に、同じものは絶対作れない良さもあります。

 

 

こうやって、沢山のご協力を得てやっと無事に完成致しました。

ただ、こちらのサイズの「葦筆」ヨシボールペンは、

今回、この「葦筆」のデビューさせるにあたりご協力頂きました

一般社団法人クラブ関西限定バージョンとさせて頂きたいと思います。

 

過去に度々登場しております

一般社団法人クラブ関西とは、特に大阪で活動する経済人や文化人を

会員とする一般社団法人で、 1948年( 昭和23年)2月5日に

設立されました。

 

一番最初にお世話になりましたのは、

2012年(平成24年)12月の忘年パーティの記念品でした。

それ以降も、舞台設営やテーブル用照明等、

これまで色々とご採用頂いて参りました。

その内容は、下記の通りです。

 

ヨシ創作照明<平安>誕生

http://art-may.jugem.jp/?eid=186

 

ヨシ創作照明<平安>常設

http://art-may.jugem.jp/?eid=216

 

舞台用和紙のクリスマスツリー

http://art-may.jugem.jp/?eid=298

 

平家物語イベント舞台とテーブル用ランプ

http://art-may.jugem.jp/?eid=310

 

一般社団法人クラブ関西 専務理事 細見 雅春氏

 

2012年5月のスタイリングエキスポが高島屋で開催された折に、

初めてお目にかかって以来6年間に渡り、

商品開発を含め多岐に渡りアドバイスを賜り、ご指導頂きました。

この出会いは、私にとって大きな転機となり、

今のアトリエMayの根幹となっていると言っても過言ではありません。

改めて、このご縁に心より感謝致しております。

 

 

 

そして、今年2018年初夏に、一般に販売させて頂く予定の「葦筆」は、

少し太めのポッテリタイプです。

葦の根元にほど近い太い部分を使用しています。

 

 

淀川・鵜殿ヨシ原のヨシは、雅楽の篳篥という楽器の吹き口に最適だと、

古の頃から今日まで重宝されて参りました。

その雅楽の篳篥の蘆舌(リード)に使用される葦と、

大体同じサイズとなります。

つまり、蘆舌(リード)になれなかったヨシを活用させて頂くという

ことになりますね。

この葦ボールペンとヨシ紙で、心温まるメッセージというのは

いかがでしょうか?

ヨシヨシセットで、ヨシご縁を繋いで頂けるようお祈り申し上げます。

 

*ヨシ紙は、福井県の山田兄弟製紙株式会社が抄造しています。

 

淀川のヨシは、自然を守り、文化を守り、人を繋ぎます。

また、今年新たなヨシ商品の仲間として生まれた

「葦筆」ヨシボールペンを末永くご愛顧頂きますよう

何卒よろしくお願い申し上げます。

 

ご協力頂きました皆様、本当にありがとうございましたm(__)m

 

 

「たなかキカク」という和伊バルがオープンしました!

10月27日(金)はプレミアムフライデーでしたね。

月に一度、さっさと仕事を切り上げて、

居心地の良い空間で、美味しいお食事とお酒に酔いしれると

また来月も頑張ろうという気持ちにさせてくれますね。

 

さて、そんなことを実現させてくれるお店が、

天神橋商店街2丁目、近くには天満宮や繫昌亭もあるという

アクセスもヨシなところでオープン致しました。

 

大阪市北区天神橋2丁目3-2 栗山ビル1階

「和伊バル たなかキカク」です。

 

いつもお世話になっている田中郁子さんのお店です。

ちょっと、ロゴからHPやなんか色々と、

お仕事をさせて頂きました。

 

HPはこちら→https://bar-tanakakikaku.jimdo.com/

 

 

夜のお店風景。。。

ちょっと、見たことある感じの照明が見えますね!

 

 

そう、和紙作家小林順子さんとのコラボによる

アトリエMayの花シリーズ<ポピー>のペンダント照明を

お作りさせて頂きました。

 

ポピーの花言葉は、忘却、眠り、慰め、喜び、富、成功等‥

 

日頃の憂さを晴らしてくれる、リラックスできる場所、

みんなで、和気あいあい語らい、食し、飲む。

そして、明日の成功をつかむ。。。なんて如何でしょう?

 

こちらは、先日、不思議な仲間達とコースを注文した時の

お料理写真です。(大皿は5名分です。)

本当に身体にやさしいお野菜中心なんですが、

この日は、メンバーが男性ばかりで、

お肉料理もお願いしました。

 

 

そして、これだけでは飽き足らず、他にもピザや出汁巻き等

頼んだりしてました。

しかし、この日はほんと、

どれだけ食べて飲んだことでしょう。。。。

 

それでも、胃にずしんと来ないのは、

素材が良いからだし、郁子さんの愛情たっぷりのせいかな?

 

いつも行くと、「今日、何食べる?」と聞いてもらえるのも嬉しいです。

主婦にとって、外食は嬉しいご褒美です!

 

 

ちなみに、他のお客さんが頼んでおられたのもパチリ!

この日の、お一人様コースです。

小さなお子様も栄養バランスバッチリ!!!

 

テイクアウトも可能なショウウインドーも楽しみの一つで、

女性一人でも気軽に入って楽しめるお店です。

是非是非訪れてみて下さいね。