2018.03.09 Friday 17:35

クラブ関西の70周年記念品に「葦筆」を採用して頂きました。

お水取りが始まり、本格的な春が訪れるかと思いきや、

やはり今年も三寒四温の不安定な弥生の月でございます。

 

さて、春のめでたきご報告がございます。

2月1日に一般社団法人クラブ関西の70周年記念行事が開催され、

その記念品として、「葦筆」をご採用頂きました。

 

 

特注品「葦筆」ヨシボールペンは、特注の桐箱に入っています。

限定で300本作らせて頂きました。

 

 

70周年記念ですので、紫の鶴柄の越前和紙で包装させて頂きました。

勿論、熨斗紙は桜ヨシ紙です。

包装にも気合が入っており、出来上がった時の嬉しさよ。。。。

 

 

しかしながら、まだ誰もやったことがありませんので、

構想から完成までの半年間は、何やかやと大変でございました。

 

今回、ボールペン製作にご協力頂きましたのは、

ペンモードさんで、沢山の面白いオリジナルペンを製作されています。

ペンモードの松川さんをご紹介頂きましたのは、

西武高槻店の橋本さん。

橋本さんは、鵜殿ヨシ原のヨシ刈り体験も、

一昨年からご参加頂いており、今年も一緒にボールペン用の葦の為に

ご尽力頂きました。

このお二人無しでは、語れない「葦筆」でございます。

 

 

ヨシの断裁を、事務所の前や自宅のガレージで行っていると、

皆さんに声をかけて頂くことが多く、その度に説明していました。

葦を知らない方も多く、熱心に聞いて頂けたのは意外でした。

今回のヨシは、細身のもので、長身のヨシ4mほどの

中ごろ2mあたりをカットしたのですが、柔らかい部分なので、

割れるものが多く、作業に手間取りました。

 

 

カットしたヨシを、1本1本タオルで磨いてやっと梱包作業へ。

手塩に掛けたヨシはとても愛おしいです。

 

今回使用させて頂きましたヨシは、2015年1月と、2017年1月に

刈り取りをし、乾燥させていたものでしたが、

昨年のものが、若干乾燥が足りなかったのか、

納品後にひび割れたものもあり、

再度人工的な乾燥をかけたものもありました。

やはり、初の試みとあって、なかなか思うようにいかず大変でした。

 

また、天然のヨシですので、その年の自然環境の影響を受け、

ヨシの生育も異なり、強度、肌艶、色目、虫食いの柄?等、

1本1本の個体差もあり、どれが正解かは、まだ分かりません。

逆に、同じものは絶対作れない良さもあります。

 

 

こうやって、沢山のご協力を得てやっと無事に完成致しました。

ただ、こちらのサイズの「葦筆」ヨシボールペンは、

今回、この「葦筆」のデビューさせるにあたりご協力頂きました

一般社団法人クラブ関西限定バージョンとさせて頂きたいと思います。

 

過去に度々登場しております

一般社団法人クラブ関西とは、特に大阪で活動する経済人や文化人を

会員とする一般社団法人で、 1948年( 昭和23年)2月5日に

設立されました。

 

一番最初にお世話になりましたのは、

2012年(平成24年)12月の忘年パーティの記念品でした。

それ以降も、舞台設営やテーブル用照明等、

これまで色々とご採用頂いて参りました。

その内容は、下記の通りです。

 

ヨシ創作照明<平安>誕生

http://art-may.jugem.jp/?eid=186

 

ヨシ創作照明<平安>常設

http://art-may.jugem.jp/?eid=216

 

舞台用和紙のクリスマスツリー

http://art-may.jugem.jp/?eid=298

 

平家物語イベント舞台とテーブル用ランプ

http://art-may.jugem.jp/?eid=310

 

一般社団法人クラブ関西 専務理事 細見 雅春氏

 

2012年5月のスタイリングエキスポが高島屋で開催された折に、

初めてお目にかかって以来6年間に渡り、

商品開発を含め多岐に渡りアドバイスを賜り、ご指導頂きました。

この出会いは、私にとって大きな転機となり、

今のアトリエMayの根幹となっていると言っても過言ではありません。

改めて、このご縁に心より感謝致しております。

 

 

 

そして、今年2018年初夏に、一般に販売させて頂く予定の「葦筆」は、

少し太めのポッテリタイプです。

葦の根元にほど近い太い部分を使用しています。

 

 

淀川・鵜殿ヨシ原のヨシは、雅楽の篳篥という楽器の吹き口に最適だと、

古の頃から今日まで重宝されて参りました。

その雅楽の篳篥の蘆舌(リード)に使用される葦と、

大体同じサイズとなります。

つまり、蘆舌(リード)になれなかったヨシを活用させて頂くという

ことになりますね。

この葦ボールペンとヨシ紙で、心温まるメッセージというのは

いかがでしょうか?

ヨシヨシセットで、ヨシご縁を繋いで頂けるようお祈り申し上げます。

 

*ヨシ紙は、福井県の山田兄弟製紙株式会社が抄造しています。

 

淀川のヨシは、自然を守り、文化を守り、人を繋ぎます。

また、今年新たなヨシ商品の仲間として生まれた

「葦筆」ヨシボールペンを末永くご愛顧頂きますよう

何卒よろしくお願い申し上げます。

 

ご協力頂きました皆様、本当にありがとうございましたm(__)m

 

 


2017.05.29 Monday 00:15

ジャズが流れ、ヨシにこだわる。<鰻や 竹うち>三代目の挑戦。

季節は、風薫る五月から梅雨へと向かいつつあるこの頃です。

 

さて、今回は、今年の3月20日にリニューアルオープンされた

堺市の老舗の鰻屋<鰻や 竹うち 本店>さんをご紹介させて頂きます。

堺市堺区市之町西3丁2-11

072-232-2652

南海本線 堺駅 徒歩3分

阪堺電気軌道阪堺線 大小路駅 徒歩5分

 

今回のテーマは、「ジャズが流れるヨシにこだわった内装」ということで、

ヨシ染の麻布暖簾とヨシ紙のペンダントをオーダー頂きました。

 

設計施工されたのは、木村工務店さんです。

以前、木村社長は、ビフォーアフターの匠として

ご出演されたこともあるこだわりの工務店さんで、

これまでのヨシ材を使用した施工例もご紹介頂いたりと、

大変勉強になり、有り難いご縁を頂戴致しました。

 

 

ヨシのパーティションに、天井もヨシがはられています。

また春から秋までの窓には、ヨシ戸(簀戸・簾戸)が入っています。

 

そんなヨシズずくしの空間のペンダントには、

ヨシ紙でということになり、特別オーダー頂きました。

 

 

ヨシの天井からのヨシ紙ペンダント照明は初めてのこと。

ヨシとヨシ紙で、流石に親戚同士?相性抜群でした。

こだわったのは単なる筒状ではなく、

見る方向によって形状が変わるところです。

ヨシ紙は、敢えて和風になり過ぎないように、

竹簀の目の透かしヨシ紙を使用しています。

 

 

正面には、以前から使用されていた

重厚な木の看板が人目をひきますが、その横には、

ジャズが流れるスピーカーが設置されています。

少し分かりにくいですが、

スピーカー下の暖簾が、麻布にヨシ染したものです。

これも、オリジナルでお作りさせて頂きました。

 

 

二階は、畳で落ち着いた内装になっています。

こちらにも、ヨシ染の麻布の暖簾をかけて頂いています。

 

そして、一際異彩を放つのが、このオーディオセットとジャズのアルバム。

これこそが、今回のリニューアルの根幹となるもの。

オーナーの拘りでり、これからの人生の楽しみでもあるんじゃないのかな?

という感じがしました。

私は詳しくありませんが、ジャズ好きにはたまらないものだらけ!

 

 

懐かしいLPレコードから流れるジャズは、何ともオシャレ。

このノイズ感が素敵ですね。

 

 

そして、本題の鰻屋さんのお話へ戻ります。

店内から、鰻を焼いてらっしゃる姿も拝見出来るようになっています。

 

ニホンウナギにこだわる

今の店主で三代目となる、鰻や竹うち。

 

「ウナギの髄まで知りつくした竹うちが選び抜いた心強い業者さんから、

良質なニホンウナギを届けてもらっています。

脂がしっかりのった、柔らかい竹うちのうなぎをどうぞご賞味ください。」

 

という店主のお言葉は、HPより引用させて頂きました。

 

 

そして、いよいよ待望の?鰻の食レポもどきをさせて頂きます。

やはり、定番のうな丼はません外せませんね。

 

ちなみに本日は、宮崎産の鰻でした。

これまで、鹿児島産(脂がのっている感じ)

静岡産(ややあっさりめ)を賞味させて頂きましたが、

この宮崎産は、鹿児島産とよく似ていた感じでした。

やはりお隣同士ですもんね。

あたり前な食レポで、失礼致しました。

 

 

私が、この日、オーダーさせて頂きましたのは、コースでした。

鯉のあらい、うざく、八幡巻き。そして、宮崎産の鰻の蒲焼。

頑張ったご褒美なのか、疲れた身体を回復させるためなのか?

やはり、鰻は元気の出る食材ですよね?(笑)

 

 

とにもかくにも、美味しいお料理と空間と、そして日本酒。

堺といえば、千利休。すごい名前のお酒を出して頂きました!

ほんと、美味しゅうございました。

 

 

最後に、店主の竹内さんには、

今年の鵜殿ヨシ原のヨシ刈にもご参加頂きました。

その時の竹内さん。童心にかえったと、喜んで頂きました。

こうやって、色んなつながりが広がって行くのは嬉しい限りです。

これからもヨシから繋がるご縁を大切にしたいと思います。

 

本当にヨシお仕事をさせて頂き、ありがとうございました。

 

国産の鰻料理とお酒、ジャズ音楽、ヨシの空間。

色んな楽しみ方が出来る大人のお店です。

皆様も、是非一度訪れてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 


2016.12.26 Monday 17:17

ステージ用和紙のクリスマスツリー制作しました。

1日遅れのメリークリスマス!

皆様の、今年のクリスマスは、いかがでしたか?

もう暮れも押し迫り、あと1週間を切ってしまいましたね。

 

さて、12月22日(木)に財界人が集まる忘年パーティーで、

「ザイラーピアノデュオ・ウインターコンサート」が開催され、

そのステージ用和紙クリスマスツリーを制作させて頂きました。

 

 

4年前にこの忘年パーティーの記念品として、

ヨシ創作照明<平安>を製作させて頂きました

一般社団法人クラブ関西です。

その時のブログはこちらです。

http://art-may.jugem.jp/?eid=186

 

今回は、コーディネーターの田中郁子さんから

かやぶき音楽堂 をイメージして、

大きな和紙をステージのバックにというご依頼を頂き、

主催者のクラブ関西さんからは、

和紙でも日本的にならないようにとのご要望があり、

ならば、いっそ和紙でクリスマスツリーをと相成り、

制作させて頂くことになりました。

 

 

元々の和紙は、和紙作家小林順子さんの大型和紙(約2m角)で、

楮と楮の茎が漉き込まれています。

それを円錐形に巻き、茅葺き屋根風ツリーに仕立てました。

これが簡単そうで、中の芯の骨組みからオリジナルで、

試行錯誤を繰り返し、2か月もかかってしまいました。

 

電飾LEDは電球色220個。

写真ではわかりにくいですが、点滅させると華やかです。

 

 

足元に配置しましたのは、ヨシ創作照明<平安ミニ一重>です。

流れを大切に。。。次なるステージへと続くみたいな、

あかりの余韻を大切に表現しています。

また、小さいささやかなあかりが大きなツリーを囲み、

守っているイメージもあります。

 

 

エントランスホールで、ウエルカムライトを。

バックのお庭にも電飾が散りばめられていて、

植物+和紙のあかりで、クリスマスオブジェのお出迎え。

舞台のイメージをここから繋げています。

 

このオブジェも、大きな楮和紙の端紙でオリジナル制作しました。

イメージは、<儚い夢のあかり塔>です。

足元のあかりは、竹紙<円>というあかりです。

 

いずれもエントランスの生花のオブジェや、

庭の活け込みの電飾の邪魔をしないように、

主張し過ぎない、でも存在感があるようにとデザインしました。

 

 

そしてテーブルにも和紙のあかり<円>を。

生花のアレンジもこのあかりに合わせて頂きました。

こちらのシェードは、枚方穂谷の竹から生まれた竹紙です。

田上武子さんが漉かれた竹紙を、ランプシェードにしています。

 

 

そしていよいよパーティーは佳境に入り、ディナーへと。

007の映画にも登場したというシャンパンの乾杯から始まり、

シェフが腕を振るって創作されたお料理は、

言うまでもなく最高に美味しく、

今年の一足早いクリスマスディナーを満喫させて頂きました。

打ち合わせから3か月に及ぶ苦労が報われた瞬間でした。

 

何よりも、華やかなパーティの中で、

和紙のあかりは、あくまでもメインではなく、

エントランス、舞台、テーブルと、それぞれの役割を持って、

お客様に寄り添うように、ほっこりと灯っていたのを実感出来て、

大変充実した気持ちになりました。

 

こんなに素敵なお仕事をさせて頂き、

お世話になりました皆様に、改めて感謝申し上げます。

本当にありがとうございました。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2016.05.16 Monday 00:00

HIRAKATA T-SITE 3階 文具売場にデビューしました!

拝啓 新緑の候。。。。
少しご無沙汰しておりますうちに、
青葉若葉が美しい頃となりましたが、
皆様、お元気でいらっしゃいますか?

5月16日(月)待望の<HIRAKATA T-SITE>
いよいよオープンしますね!
一足お先に、14日(土)の内覧会に寄せて頂きました。



案内状もスッキリとしていてオシャレ!
やっぱりシュッとしてます。



HIRAKATA T-SITE
枚方から始まる新しい百貨店のカタチ。

そう、ここ枚方市はTSUTAYA発祥の地ということもあり、
今回の入れ込み方は半端ない感じ。
ましてや、T-SITEは、代官山、湘南についで3店舗目。
我街<枚方>もついにメジャーになるかも?
カタログの最初に創業者である増田氏の直筆でのご挨拶が
印刷されていました。

私が若い頃に通ったあのお店が、
何十年もの時を経て、こんなカタチで再び目の前に現れた!
本当にワクワク。。。というか感動しました。

そして、まさかのビックリポンは、
そのシュッとした<HIRAKATA T-SITE >の
3階にある蔦屋書店の文具コーナーで、
アトリエMayのステーショナリーがデビューしたことです!



3階蔦屋書店の様子。
いや、ほんと、「ここはどこ?ほんまに枚方か?」
みたいな約400坪の空間に、色んな本が並んでいます。
本がオシャレにディスプレイされ、まさしく生活提案型書店。
本を探す楽しみと、本と暮らす楽しみがあることを実感出来ます。



ずら〜っと沢山の本が並ぶ中で、
万年筆等の筆記具がお隣にあって、そのすぐ横の棚2段に
アトリエMayお馴染みのヨシ紙や二層式模様紙を使った
ステーショナリーを取り扱って頂いています。



また、今回は新ブランドの<しおんシリーズ>も加わり、
これから、このシリーズを展開しながら、
紙の温かさを国内外に伝えて行きたいと思っています。

文具売り場担当の方から、地元の歴史や自然の中から生まれた
地産地消の紙としてご評価頂き、
「お客様にもとても評判が良いですよ。」と言って頂き、
実際に、目の前でお客様に買って頂いくのを遠目で見て、
本当に嬉しい限りで、感無量でした。

意外に地元で知られていなかった
淀川・鵜殿ヨシ原のヨシからうまれたヨシ紙。
そして枚方・穂谷の里山からうまれた竹紙。
この紙を企画デザインするのがアトリエMayのお仕事です。

May5月は、ローマ神話<成長>の神様マーイアが語源で、
改めて初心に戻って、アトリエMayを考えてみました。



そして、京阪枚方市駅。色んな思い出のいっぱい詰まった街。
この街が、また大きく成長しようとしているような気がします。
もう高度成長期のような経済や人口の増加という成長ではなく、
住む人々の文化度や精神的なゆとり、生活の質が高まって行く。
そんな成長が必要だとつくづく思います。
それが、もっと素敵な街になり、
ここで終の棲家を見つけたくなることに繋がっていきます。

それこそが、この枚方T-SITEが目指す
日常を楽しく彩る<ライフスタイルデパートメント>が、
時を経て、今、この2016年5月に誕生した意味なのかな?
・・・・なんて、考えてみたのであります。

HIRAKATA T-SITE 
本が好き!紙が好き!にはたまらない空間で、
これから、私もゆっくりと楽しませて頂きたいと思います。
こんな素敵な場所に置いて頂けたことに感謝しています。
いつか、私も、大好きな枚方に恩返し出来れば良いなと、
ひっそり思った緑美しい1日でした。













 

2015.08.28 Friday 00:24

ニッケグループの株主優待カタログに採用されました。

ニッケグループ(日本毛織株式会社)の株主優待カタログに、
今年で4年連続で掲載して頂くことになりました。

日本毛織株式会社は、鵜殿ヨシ原の保全活動に貢献されており、
ヨシから生まれた商品を株主様にご紹介して頂いています。




紙面も広く使って頂き、しかもめくってすぐのページです!
お陰様で、1回目から比べると随分商品内容が濃くなりました。
また今年は女性目線のカタログとなり、ヨシ等の画像も増え、
鵜殿のヨシを使用したヨシ商品を理解して頂きやすくなりました。
やさしいコスモスのお花が表紙を飾り、
随所に女性担当者のこだわりが表現されています。
今回は、企画段階から大変楽しく、ワクワクさせて頂きました。



毎年好評のステーショナリーセットの包装が新しくなりました。



ヨシ食卓セットは、今回初めての試みです!

ヨシ染コースターは、リバーシブルで、麻布です。
ヨシ染コースターは、のこり染のKURKINとのコラボ商品です。

ヨシ原焼きの後の灰で釉薬を作ったヨシ灰釉薬の箸置きです。
(グリーンは織部の釉薬)枚方市在住の陶芸家作。

そして、おなじみのヨシのお箸です。




エアークリーンエコ行灯も、今回初登場です!

この記事をご覧頂いている皆様の中で、
ニッケグループの株主様でいらっしゃる方は、
是非とも、お選び頂ければ嬉しいです。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

ただ、そうでない方々は、弊社ののHPからご購入頂けるように、
ただ今準備中です!
是非とも、HPからお買い求め頂きますよう
よろしくお願い申し上げます。

アトリエMayのHPはコチラ→ http://art-may.jp/



 

<<new | 1 / 7pages | old>>
 
PR
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.