熊野古道にて.....

 先日、初めて熊野古道を歩いて来ました。
ずーっと行きたいと思っていたのが、やっとこの度実現出来ました。
予想通りというか期待通りというか、
心身がリフレッシュできるところでした。



いつの間にか、田んぼの稲は黄金色になり、赤とんぼが飛んでいました。
大きな鳥居がお迎えして下さいました。



魂が蘇るとのことか、なるほど。。。。

聖地・大斎原は、全熊野古道(参詣道)の終着点であり、
よみがえりの出発点だそうで、ユネスコが世界文化遺産として認定し、
登録された国の史跡です。

よみがえりの出発点というのが、
とても納得できるような空気が漂っていました。



昔は、この川を渡って禊をし、詣でられたというのが、
信仰の深さの表れですね。
明治時代の水害で、今の地に移されたそうです。



そしていよいよよくテレビなどで拝見する古道を歩き始めました。
リフレッシュには、森林浴の効果も絶大です。



神様に会う為の、神聖な道を歩いている感じがしました。
昔の人は、脚腰が丈夫だったんだと感心します。



苦労して辿り着いた先には、まさに聖地がありました。
小雨降る中の山々は、何とも幻想的で、神秘的です。



那智の滝には、本当に感動して、しばらく立ち尽くしました。
雨が少なかったようで、少し滝の水の量が少ないと、
地元の方がおっしゃっていましたが、迫力ありました!


そして、そして、この感動の滝を拝見した後に、ハプニングが
起こってしまったのでした。。。。。

それが、これです!



ご機嫌さんで那智の滝を後にして、雨の石段を下りる時、
すべって尻もちをつきました(>_<)
お陰さまで、怪我は大したことなかったのですが、
Gパンの後ろポケットに入れていたスマホが見事に
破損してしまいました(T_T)
それが、何が大変て、情報のバックアップが出来ていなくて、
昨年の11月以降の新しい情報が消えてしまいました(@_@;)
このブログをご覧頂いています皆さまの中で、
昨年の11月以降に、電話やメールを交換させて頂いた方や、
変更された方は、お手数ですが、私の携帯(スマホ)へ、
お名前を入れて、電話番号やメールアドレス情報のメールを
お送り頂ければ助かります。
お忙しい中申し訳ありませんが、
どうぞご協力の程よろしくお願い申し上げます<m(__)m>
文明の利器の怖さというか、使い方を勉強しないと、
便利が不便なものと化してしまうことを思い知らされました^_^;
皆様も、雨の階段と、スマホの情報のバックアップには
くれぐれもご注意下さいませ〜(#^.^#)




最後に地ビールを頂戴し、落ち込む心を癒しました。
人生山あり谷あり。。。。
熊野古道の奥深さに感動しながら、
今年の後半戦は、少し注意しながら一歩一歩確実に歩まないとと
心新たにした次第です。

夏の終わりに乾杯です!
これも良い思い出になりました〜(*^^)v






スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL