2020.01.29 Wednesday

スポンサーサイト

  • Author : スポンサードリンク
  • 0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • - | - | - | - |

    2015.05.03 Sunday 21:39

    波紋音の余韻。

    去る3月21日(土)のイベントのご報告が遅くなりました。

    <心を浄化するコラボレーション>なるイベントを
    企画されましたのは、ルーシーダットンヨガインストラクターの
    菊池真紀さんです。



    会場で、皆さんにヨガを指導される菊池さん。
    そして、その会場となる旧世尊院は、4月から閉館となり、
    現在は、一般公開されていないそうです。
    そんな貴重な会場での貴重な体験をさせて頂きました。



    まずは、入口和室で万葉集を書いた書と桜の花のおもてなし。
    お花は中大路薫氏。書は脇田龍峯氏。
    自然素材の食物を創作されたのは肥田直子氏。
    司会進行は、KTさん。



    このイベントに参加された方々の集合写真です。
    画像は、すべて奈良市から許可を頂いたものを
    掲載させて頂きました。
    本当に濃いイベントで、主催された菊池さんは
    大変だったと思います。
    この場をお借り致しまして、お礼申し上げます。



    そしていよいよ波紋音演奏。
    演奏されていらっしゃるのは、永田砂知子氏。
    オフィシャルHP→ http://www.nagatasachiko.com/

    鉄のかたまりが、その波紋音が奏でられる発信源。
    初めて聴く音のはずが、
    何だか懐かしささえ感じるような音で、
    何かが心に響いて来る。
    どこか近くて遠い奥底から湧いて来てる感じがする。
    そして、時間が経つほどに余韻となって心に残って行く。

    初めて目にする楽器を制作されたのは、美術家の斎藤鉄平氏。
    この誰も奏でたことのない音楽をしようと心に決められたお話は、
    これまた、私にかなり響いて来てしまいました。

    Facebookの中で、永田氏のコメントに共感したものがあって、
    その中の一つをご紹介させて頂くと・・・・

    「私は、子供のころから既成概念でものを見てこなかったので、
    常に人とずれてます。
    それは大学生になっても続き、あれこれ模索しているうちに、
    とうとうこんな離れ小島に来てしまいました。
    でも自分の進路でも、アートをみるときにも、
    演奏を聴くときにでも、自分の眼、耳、感覚だけを頼りに
    生きてきたことを後悔したことはありません。
    場も同じですね。何かを感じるのに有名無名は関係ありません。
    私は時々名の無い小さな神社ではっとすることがあります。
    大きくて有名な神社、お寺、教会が必ずしも良いとは限らないとおもうし、
    もうこの年齢ですから、はっきり発言しても特に怖いことはないです。(笑)
    だから波紋音なんて誰も知らないものを演奏しているのです。
    もっとみんなが知っている楽器をやって
    みんなが知っている名曲を演奏すればもっと楽な道かもしれませんが、
    それは私のやるべき仕事ではないと思っているのです。」

    ・・・本当にその通りだと思いました。
    無機的な楽器から出るその音は、有機的で生きていました。
    それは、永田氏がそこに介在されて生み出されているからであり、
    誰にも真似の出来ないアートな世界でした。




    そして、その永田氏が、なんの打ち合わせも無かったのですが、
    演奏直前に、私がお持ちしていた屏風とヨシの照明<成長>を
    舞台に設置して欲しいとのご要望があり、
    急きょ、波紋音の舞台に上げて頂くことになりました。




    水辺の植物であるヨシは、日頃は誰からも忘れ去られていて、
    その背景にしかならないヨシから生まれたヨシ紙。
    黒の雲華紙は、襖の裏面に使われていて、
    押し入れの裏側に存在する紙。
    私は、そんな地味とも言える2つの紙を
    あえて表舞台に立たせたいとの気持ちで、
    この屏風をデザイン致しました。

    またヨシ紙のランプシェードは<成長>という作品名です。
    ヨシの新芽を葦牙<アシカビ>と言うそうで、
    初めて鵜殿ヨシ原でアシカビを見た時、
    大地から空に向かって伸びようとするエネルギーが、
    ものすごかったのを今でも覚えています。

     


     

    アシカビは古事記や日本書紀の神代初期に
    <ウマシアシカビヒコジノミコト>という
    神様として現れています。
    きっと古代人が五穀豊穣を祈り、大地の恵みに感謝し、
    ヨシの新芽を生命の象徴とし神格化したのでしょう。
    それがぐんぐん伸びて成長する様を表現したかったのです。




    このイベントを通じて、初対面でも、何も語らずして、
    メッセージの交信が出来るという
    アートやデザインの力の凄さ、大切さを思い知らされました。
    また、永田氏のコメントから感じ取った強い意志を持ち、
    私にしか出来ないことをやり続けて行こうと
    誰も知らない<ヨシデザイナー>という職業を心に誓ったのでした。


    一瞬の出会いが、大きく人生を変えることがあります。
    ある人の何気ない言葉でも、人を感動させることがあります。
    それはある食べ物を口にし、
    咀嚼して血となり肉となって行くような言葉で、
    そんな栄養のある言葉は、
    どこかの本に書いてあった難しい言葉でなく、
    実際にその人がもがき苦しんだ経験から生まれて、
    発した言葉だからだと思います。
    また一つ良い出会いと経験をさせて頂きました。

    そして今年も、1年で1番好きな5月を迎えることが出来て、
    感謝の気持ちでスタートします!









     

    2020.01.29 Wednesday 21:39

    スポンサーサイト

    • Author : スポンサードリンク
    • 0
      • - | - | - | - |

      Comment:
      Add a comment:









      Trackback:
      トラックバック機能は終了しました。
       
      PR
      CALENDAR
      NEW ENTRY
      ARCHIVES
      CATEGORY
      COMMENT
      PROFILE
      MOBILE
      LINK
      SEARCH
      OTHER

      (C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.