2016.05.16 Monday 00:00

HIRAKATA T-SITE 3階 文具売場にデビューしました!

拝啓 新緑の候。。。。
少しご無沙汰しておりますうちに、
青葉若葉が美しい頃となりましたが、
皆様、お元気でいらっしゃいますか?

5月16日(月)待望の<HIRAKATA T-SITE>
いよいよオープンしますね!
一足お先に、14日(土)の内覧会に寄せて頂きました。



案内状もスッキリとしていてオシャレ!
やっぱりシュッとしてます。



HIRAKATA T-SITE
枚方から始まる新しい百貨店のカタチ。

そう、ここ枚方市はTSUTAYA発祥の地ということもあり、
今回の入れ込み方は半端ない感じ。
ましてや、T-SITEは、代官山、湘南についで3店舗目。
我街<枚方>もついにメジャーになるかも?
カタログの最初に創業者である増田氏の直筆でのご挨拶が
印刷されていました。

私が若い頃に通ったあのお店が、
何十年もの時を経て、こんなカタチで再び目の前に現れた!
本当にワクワク。。。というか感動しました。

そして、まさかのビックリポンは、
そのシュッとした<HIRAKATA T-SITE >の
3階にある蔦屋書店の文具コーナーで、
アトリエMayのステーショナリーがデビューしたことです!



3階蔦屋書店の様子。
いや、ほんと、「ここはどこ?ほんまに枚方か?」
みたいな約400坪の空間に、色んな本が並んでいます。
本がオシャレにディスプレイされ、まさしく生活提案型書店。
本を探す楽しみと、本と暮らす楽しみがあることを実感出来ます。



ずら〜っと沢山の本が並ぶ中で、
万年筆等の筆記具がお隣にあって、そのすぐ横の棚2段に
アトリエMayお馴染みのヨシ紙や二層式模様紙を使った
ステーショナリーを取り扱って頂いています。



また、今回は新ブランドの<しおんシリーズ>も加わり、
これから、このシリーズを展開しながら、
紙の温かさを国内外に伝えて行きたいと思っています。

文具売り場担当の方から、地元の歴史や自然の中から生まれた
地産地消の紙としてご評価頂き、
「お客様にもとても評判が良いですよ。」と言って頂き、
実際に、目の前でお客様に買って頂いくのを遠目で見て、
本当に嬉しい限りで、感無量でした。

意外に地元で知られていなかった
淀川・鵜殿ヨシ原のヨシからうまれたヨシ紙。
そして枚方・穂谷の里山からうまれた竹紙。
この紙を企画デザインするのがアトリエMayのお仕事です。

May5月は、ローマ神話<成長>の神様マーイアが語源で、
改めて初心に戻って、アトリエMayを考えてみました。



そして、京阪枚方市駅。色んな思い出のいっぱい詰まった街。
この街が、また大きく成長しようとしているような気がします。
もう高度成長期のような経済や人口の増加という成長ではなく、
住む人々の文化度や精神的なゆとり、生活の質が高まって行く。
そんな成長が必要だとつくづく思います。
それが、もっと素敵な街になり、
ここで終の棲家を見つけたくなることに繋がっていきます。

それこそが、この枚方T-SITEが目指す
日常を楽しく彩る<ライフスタイルデパートメント>が、
時を経て、今、この2016年5月に誕生した意味なのかな?
・・・・なんて、考えてみたのであります。

HIRAKATA T-SITE 
本が好き!紙が好き!にはたまらない空間で、
これから、私もゆっくりと楽しませて頂きたいと思います。
こんな素敵な場所に置いて頂けたことに感謝しています。
いつか、私も、大好きな枚方に恩返し出来れば良いなと、
ひっそり思った緑美しい1日でした。













 

2018.12.07 Friday 00:00

スポンサーサイト

  • Author : スポンサードリンク
  • 0
    • - | - | - | - |

    Comment:
    Add a comment:









    Trackback:
    http://art-may.jugem.jp/trackback/285
     
    PR
    CALENDAR
    NEW ENTRY
    ARCHIVES
    CATEGORY
    COMMENT
    PROFILE
    MOBILE
    LINK
    SEARCH
    OTHER

    (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.