2020.01.29 Wednesday

スポンサーサイト

  • Author : スポンサードリンク
  • 0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • - | - | - | - |

    2017.09.04 Monday 01:02

    2017・夏・イベントと新作発表会のご報告

    9月に入り、朝夕涼しくなり、秋の気配を感じるこの頃です。

    バタバタしている間に1ヵ月が過ぎようとしていますが、

    8月初めの2つのイベントのご報告をさせて頂きます。

     

    まず8月4日(金)は、一般社団法人クラブ関西で、

    夏のイベントが開催され、その舞台やパーティ会場に

    アトリエMayの和紙、屏風、照明をディスプレイさせて頂きました。

    舞台企画は、たなか企画の田中郁子さん。

     

    中央の大きなタペストリーは楮で楮の茎を漉き込んでいます。

    和紙作家の小林順子さん作。

    また、屏風は<段々>というタイトル。

    屏風をくり抜いて、バックライトで照らし、

    月の満ち欠けを表現しています。

    今回は、三日月だけを照らしました。

    制作:松岡表具店 企画デザイン:アトリエMay 

     

    平家物語ー語りと波紋音ー

    語り:金子あいさん 波紋音奏者:永田砂知子さん

     

    平家物語の原文での語りと

    波紋音の不思議な音色に引き込まれて行きました。

    洋の舞台が和の舞台に。

    和紙の魅力を発揮できて、良かったと思います。

     

    エントランスのディスプレイ

    お花と竹のアレンジとともに、素敵に飾って頂きました。

    アトリエMay照明<平安>左は、

    クラブ関西の2012年の忘年パーティーの記念品に採用されました。

     

    食事会でのテーブルセッティングには<平安ミニ>を。

    今回は、電池式照明を開発致しました。

    コードレスだと、テーブルコーディネートに最適です!

     

    一般社団法人クラブ関西は、関西の財界人や文化人が集まるクラブです。

    その華やかな空間や舞台、テーブルセッティングにご使用頂き、

    アトリエMayの和紙作品達が、喜んでおりました。

    こんな機会を与えて頂きました関係者の皆様には、

    心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

     

     

    そして、翌日8月5日(土)には、山本能楽堂において、

    新作照明である電池式和紙照明や

    和紙クリスマスツリーのお披露目を開催させて頂きました。

     

    山本能楽堂の玄関口でのディスプレイ

    今回のテーマは「伝統と革新」です。

    文字通り「挑戦」し続けてこそ、守れるものがあります。

     

    掛け軸の書:松原喜代子先生

    お花:沖原麻友香さん

    情熱的なダリアの赤に惹かれ、お願いしました。

     

    和紙クリスマスツリー(電池式LED)

    麻和紙で制作して頂きました。

    制作:小林順子さん 企画:アトリエMay

     

    竹紙のあかり(枚方穂谷の竹100%使用)

    竹紙制作:田上武子さん 企画デザイン:アトリエMay

    人気商品です。

     

    配線のある照明の良さと、電池式の良さ。

    どちらも、用途に応じて使い分けが出来れば良いと思います。

     

    和紙クリスマスツリー3種

    ヨシ紙(中央)と竹紙(左)と楮(右)

    企画デザイン:アトリエMay

    シンプルなので、クリスマスだけじゃなく年中使用できるように

    デザインしました。

    キットもご用意しますので、色んな楽しみ方可能になります!

    作ってヨシ。飾ってヨシです。

    今秋に商品化する予定です。

    今年のクリスマス用にいかがでしょうか?

     

    舞台での和紙のクリスマスツリー

    篳篥演奏:深親亮介さん

    淀川・鵜殿ヨシ原のヨシは、この篳篥のリードに最適とされています。

    淀川のヨシといえばアトリエMay。

    いつも、深親さんに、演奏をお願いしています。

     

    平家物語ー語りと波紋音ー

    語り:金子あいさん 波紋音:永田砂知子さん

    舞台企画:田中郁子さん

     

    前日のクラブ関西さんでの雰囲気とは違って、

    能舞台にふさわしいものとなりました。

    趣の違う<平家物語>を、2度も楽しむことが出来ました。

     

    そして、淀川ブランド推進協議会監修の淀川天然鰻入り淀川弁当は、

    <浪速魚菜 色葉>さんにお願いしました。

    すべて大阪産で作って頂いた特注弁当です。

     

    こちらは、8月21日(月)の夕方、朝日放送のキャストという

    ニュース番組に放送されました。

    淀川にスポットがあたっており、嬉しい限りです。

     

    最後に、舞台での記念撮影。

    左から、金子あいさん、深親亮介さん、永田砂知子さん、私

    田中郁子さん、沖原麻友香さん

     

    暑さ厳しい中で、沢山のお客様にお越し頂き、

    盛会となりましたこと、心より感謝申し上げます。

    山本能楽堂さんにも大変お世話になりました。

     

    反省するべき点も多々ありましたが、

    何とか2つのイベントが無事に終わり、そして夏も終わりました。

    ご協力頂きました皆様に、改めて心より感謝申し上げます。

    どうもありがとうございました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    2020.01.29 Wednesday 01:02

    スポンサーサイト

    • Author : スポンサードリンク
    • 0
      • - | - | - | - |

      Comment:
      Add a comment:









      Trackback:
      トラックバック機能は終了しました。
       
      PR
      CALENDAR
      NEW ENTRY
      ARCHIVES
      CATEGORY
      COMMENT
      PROFILE
      MOBILE
      LINK
      SEARCH
      OTHER

      (C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.