「紙TO和」さんのロゴとパッケージのデザインをさせて頂きました。

「中秋の名月」を先日迎え、すっかり秋本番となりました。

皆様お変わりございませんか?

さて、今回もデザインのお仕事のご紹介させて頂きます。

 

10月1日に会社の節目を迎えられた「株式会社庫内」の

ブランド「紙TO和」のロゴとパッケージをデザインをさせて頂きました。

 

ご依頼人は社長の奥様であり、庫内の創業者のお孫さんでもある林美和子さんです。

元CAで英語がご堪能で、様々な外国人観光客をお迎えし、

紙漉きやご朱印帳等のワークショップを手掛け、

とある番組の人間国宝さんの取材を受けられたこともあります。

 

現在は、この京都店で紙漉きやご朱印帳のワークショップをされており、

店内では、京都らしい友禅紙を中心とした和紙で製作した

オリジナルのご朱印帳や和紙ステーショナリー等がずらっと並んでいます。

ちなみに、アトリエMayの「しおんシリーズ」もありますよー!

 

一押しのご朱印帳は人気NO1!

和紙ジャーナル(washi journal)は、商標登録を取得されていて、

海外の方々に、ご朱印帳をもう少し自由に使ってもらえたらと製作された

「紙TO和」さんのオリジナル商品です。

色鮮やかな友禅紙の表紙は、国内外問わず人気で、柄を選ぶのも楽しみの一つです。

帯のデザインを担当させて頂きました。

 

和綴じノートも、色んな使い方が出来そうですね!

こちらも帯のデザインを担当させて頂きました。

 

和紙ボックスや筆箱もオリジナル商品です!シールデザイン担当させて頂きました。

 

「いちりん」というネーミング通り、手漉き和紙に花一輪が漉き込まれています。

1枚1枚に愛情たっぷり。きっと想いが伝わる和紙ハガキです。

シールを担当させて頂きました。

 

京都店のショップカードもデザインさせて頂きました。

「紙TO和」のロゴには、美和子さんの様々な想いが込められています。

このコロナ禍の中にあっても、和紙が世界を駆け巡る日を夢見て、

日夜頑張る林美和子さんへエールを!

京都に行かれた際は、是非ともお立ち寄り下さいませ。

林美和子さんが、素敵な和紙のアテンドして下さいますよ!


〒604-8205 京都市中京区新町通六角上る三条町345番地

電話:075-756-4723

体験実施日: 金、土、日、月曜日(10:30-17:00予約優先制)
上記以外はリクエスト予約を承りますので、問合せフォームまたは電話でお問合せ下さい。

⇒「紙TO和

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

コメント