2020.01.29 Wednesday

スポンサーサイト

  • Author : スポンサードリンク
  • 0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • - | - | - | - |

    2013.05.26 Sunday 20:54

    初夏の無垢根亭へ。

     5月最後の日曜日。
    暑いとは言うものの、何か良い感じの暑さ。
    洗濯物はすぐに乾くし、朝晩は、まだ涼しいし。。。。
    この初夏という季節は少しだけで、もう梅雨はすぐそこに。
    そして、梅雨が終わると、ジリジリとした太陽が照りつける夏。

    この一瞬のタイミングで、本日は、昼間から美味しい食事とお酒の
    お呼ばれに、いそいそと出かけて行きました。
    向かう先は、交野市森南にある酒蔵酒半<無垢根亭>

    久しぶりに駅まで歩いて行くと、やっぱり気になる草花達。



    私の大好きな<ドクダミ>のも、あちこちに咲いていました。
    亡き母の思い出があるので、いつもこの時期は気になる草です。

    この白い4枚の可憐な花弁は、本当の花弁ではなく、
    総苞片(そうほうへん)と呼ばれる器官で、そして中心部の黄色い部分、
    しべのように見える部分はたくさんの花の集合体らしいです。



    交野は古い街並みが残っていて、歩いていても飽きません。
    絵になりますよね。

    生駒山系の山並みの麓、むくね村と呼ばれていたそうです。



    緑の道は、歩いていても気持ちが良いです。



    そして到着したのが、ここ<無垢根亭>です。
    日本酒の造り酒屋さんの軒先に必ず吊るしてある<杉玉>
    何でも、新酒が出来たことを知らせる役割を果たしているそうで、
    吊るされたばかりの杉玉は、まだ蒼々としていて、
    やがて枯れてこのような茶色になって来るので、
    この色の変化が、新酒の熟成の具合を物語るのだそうです。
    元々は酒の神様に感謝を捧げるものらしく、色々と奥が深いです。



    門をくぐり、玄関までの庭を歩くだけで、もう美味しい時間は始まっています。



    総水、ししおどしが、初夏にはたらないアイテムです。



    私が一番のお気に入りは、古井戸からのこの風景です。



    お酒を蒸す大きな釜です。
    お米を洗い、蒸す工程が、美味しいお酒の重要なポイントだと、
    奥様に教えて頂きました。



    ずらっとお酒が並でる様子も趣がありますね。



    食事は、この蔵の歴史を思わせる梁を楽しみながらのお席です。



    鯛の昆布ジメや、黒豚のスペアリブなどのオードブルから始まる<むくね膳>です。
    季節により、内容が違うそうです。
    詳しくは→ http://www.sakahan.com/Mukunetei/mukunetei.html




    そして、ここでしか飲めない<門外不出のお酒>
    フルーティな味わいで、しばし酔いが醒めやらず・・・・・・
    この贅沢な一日が、また明日からの活力になるのでしょう。

    こも歴史ある土地で、ゆっくりと育まれた酒蔵のお酒は、
    色々な大人の物語も育んだことでしょう。

    駅からの道のりから始まって、このお酒まで、すべて堪能させて頂きました。
    改めて、感謝です。ごちそうさまでした<m(__)m>

    2013.04.10 Wednesday 14:02

     家族が多いと、自分以外の色々な出来事も次々起こり、
    いつも何かあったりします。
    前回書いた<花>の記事は、
    実は、25歳の長女の大学時代の学友が、原因不明の高熱で
    突然亡くなられたという訃報が入り、家族が何とも言えぬ深い悲しみに
    包まれた時に、感じたことです。

    また今回は、家族のぎっくり腰によって、
    三重のとある町で、何日か時間を過ごすことになり、
    大阪ではなかなか感じない<春>を体験させてもらいました。



    すっかり桜の花弁が散り、しべ桜となったのですが、
    かわりに、たんぽぽや野草達が、確かな春を告げていました。
    小学校の頃、田んぼや農道を駆け巡っていた時には、
    いつも身近にあったのに、今では特別なものになってしまったのが、
    良いことなのか、そうでないのか・・・・・



    ブラブラと川沿いを歩いていくと、地元の神社に遭遇しました。
    三重県にあるのに<鳥取神社>というそうです。
    どんな由来があるのでしょうか?
    何か風情があって良い感じで、ふらりと立ち寄り、無事を感謝しました。



    一瞬<山桜>かな?と思って近づいてみると、囲いがしてあり、
    説明が書かれていました。

    <イヌナシ>バラ科・ナシ属
    野生ナシの中で最も原始的な種で、4月に白い花を開き、
    6月に1僂硫娘造魴襪屐0棒湾地域に分布する希少種で、
    植物学上の基準標本になっているそうです。



    イヌナシとしべ桜の饗宴です。
    貴重な植物と対面出来て、ラッキーでした!
    6月に、その小さなナシの実を見に来れたら良いな。



    今年初めての<鯉のぼり>を発見しました!
    一列に並んで本当に気持ち良く泳いでいました。

    <成長祈願>の鯉のぼりです。

    人は色々なことを祈願し、昔から色々な方法で、
    無事や護国豊穣・子孫繁栄などを祈っていたように思います。

    東日本大震災の悲惨な光景を目の当たりにしてから、
    もう2年の歳月が流れました。
    きっと色々な無念でいっぱいだったことでしょう。
    人は自然や運命には逆らえないかもしれませんが、
    それをすべて受け入れた上で、自分に与えられた中で、
    一生懸命に生きることが大切だと思うようになりました。
    それが、無念にもこの世を去らなければならなかった方々への、
    せめてもの出来ることなのかと思います。

    最後に、24歳でこの世を去らなければならなかった娘さんの
    ご冥福を心よりお祈り申し上げます。








    2013.04.05 Friday 23:08

     桜も満開の時を過ぎ・・・・
    また、散る花弁を見ながら、人はその儚さに何かを想う。

    今年は、何となく桜、桜と言わない私。
    どうしてかなあ。。。。

    家の前に1本の桜があって、
    先日、缶ビール1本持って、娘と夜桜を観て、今年は、これで満足しました。




    「さまざまのこと おもいだす さくらかな」 松尾芭蕉

    とてもシンプルで、ものすごい説得力のある桜の表現だと思います。


    人それぞれに、その年の桜が、色々な意味を持っていたりします。、
    桜は毎年、毎年咲いているのだけど、
    「あと何回この桜、観れるのかな。」と、ふと思ったりして。




    庭に咲く<クリスマスローズ>

    花弁のように見えるのは、がくらしいです。
    美しい姿をしているのに、なぜか寂しげに見えるのは、
    下を向いているから?

    クリスマスローズの花言葉

    追憶・私を忘れないで・スキャンダル・慰めなど。

    きっと、人はこの花の姿を見て何かを感じ、表現をしたものなんでしょう。




    先月、80歳で書展をされた松原喜代子先生が、
    私に送って下さった色紙です。

    何と1週間の会期中、750人程の来場者があったそうです。
    私も作品展に行かせて頂きましたが、涙がにじむ作品もありました。
    人生が書で表現されている・・ような気がしました。
    私のような者が、あれやこれやと作品について語るのはおこがましいので
    控えさせて頂きますが、ただ、ただ、感動したのでした。

    花の命は短くて 苦しきことのみ多かりき 林 芙美子

    でも、その命は短くても、苦しいことが多くても、
    咲き切って散る姿は、やはり美しいのではないか。
    いや苦しいからこそ、人生の味わいも出て来るのだと、
    この松原喜代子先生の<花>に感じた私です。

    さまざまな<花>を咲かせ、また散るもののあわれ・・・・・










    2013.03.03 Sunday 11:08

    お雛祭りに想う。

     まだ寒さが残る桃の節句となりましたが、
    日差しや草木の新芽が息吹いている様子から
    春を感じることが出来るようになりました。
    少しご無沙汰しておりますが、お元気ですか?



    今年は何年かぶりにお雛様を出してみました。
    そして、十二単をイメージしたヨシ照明器具<平安>も一緒にディスプレイ。。。。

    女の子が生まれて初めての節句に、嫁方の親が子供の身代わりとなって
    災いが降りかからないようにという想いを込めて贈るものだそうで、
    亡くなった実家の母が、闘病中にもかかわらず、私の娘の為に買ってくれたので、
    このお雛様を出す度に、色々なことが思い出されます。
    今年は、私の作品も飾れたこともあり、感慨もひとしおでした。

    春といえば、別れと出会いの交差する季節でもあり、
    また何かの事始めの季節でもあります。
    いずれにしましても、皆様の中においても、
    春のドラマが始まっているのではないでしょうか?

    私もご多分にもれず、現在そんな真っ只中におります。
    次女が、今春大学を卒業することで、
    長かった子育て期間に一区切りが出来るということ。。。。。

    その次女の卒業制作の為に、私が刈り出される場面も多く、
    一緒に楽しめることが出来ました。
    親子でモノ作りが出来ることは、本当に幸せなことです。



    娘の作った洋服を、私のお茶の先生に着て頂き、
    お友達のありさちゃんと、写真撮影中。



    急なモデルのお願いに、快くお引き受け頂きました。
    関先生と舞ちゃん。
    そして、ちかちゃん、さとみちゃんの裏方のお仕事など。

    この撮影にも、どれだけの人々のご協力があったことか。。。。
    本当に幸せな娘です。



    卒業制作展・ディスプレイ。

    静かに寄り添ってくれる服を選ぶ
    私の人生と共にある 服
    私らしく生きて行く為に服を選ぶ

    それが、メッセージだそうです。
    皆さんに伝わりましたか?

    今回、芸大の学生さん達とも色々と関わらせて頂き、
    何だかワクワク出来た感じがとても嬉しく思いました。
    アートやデザインの話をしていると、世代の違いは感じられないから、
    やはり私は心底好きなんだなあと、改めて感じた次第です。



    そして、締めくくりは両親のお墓参りに行って来ました。
    お雛様のお礼や、色々なことを報告をしました。
    3月は両親の命日があり、今年は父の50回忌になります。
    そんな節目の年に、娘は社会に旅立ち、
    そして私もいよいよ次に向かいたいと思っています。

    道すがらの青竹がぐんぐんと伸びているのを見ながら、
    まだ肌寒い中に、確かな春を発見しました。

    きっと皆様の春も訪れていることでしょう。。。。。。









    2013.01.03 Thursday 20:45

    新年に。。。。。

     明けましておめでとうございます。
    昨年も、色々とお世話になりありがとうございました。
    本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

    さて、今年ももうというべきか、3日になりました。
    昨年も、あっという間でしたが、また今年もあっという間なんでしょう。
    年々時間の経過が早く感じるのは、一説によると、
    加齢とともに、身体の機能の低下もあり、
    何をするのにも時間がかかってしまうからとか。。。。
    それは、かなり当たっていると思います^_^;
    何だかモタモタしながら、よっこらショという感じです(@_@;)
    ちょっと食べ過ぎて太ってしまったせいでもありますが(>_<)

    今年の元旦は、お天気も良かったので、
    近くの神社の初詣と、祖父母と両親のお墓参りに出かけました。
    まずは、昨年の無事を感謝して。。。。




    いつもは、ひっそりとしている神社も、お参りの行列が出来ていました!



    参拝の順番を待っている間、真っ青な空と緑とどっしりした神社の屋根瓦の
    組み合わせの美しさに、見とれていました。

    いつも車で通り過ぎる景色にも、
    ぶらぶらと歩いていますと、色々なものに気付かされますね。



    近所の木蓮の木に、固いけれど蕾を発見しました!
    まだまだ寒さ厳しい時期は続きますが、もう春の準備が始まっています。
    自然の中で、色々なことを教えられ、エネルギーを頂戴出来る事に感謝です。

    毎年同じように繰り返される普通の暮らしにも、
    最近幸せだと感じるようになりました。
    あと、何年こんな暮らしが出来るのかなあ・・・とか。
    それは、2度に渡る大きな震災があったことや、
    私の周りで同年代の友人知人達が、大病を患って起こる色々なことを
    見たり、聞いたりするのが多くなって来たせいでもあります。
    いつ自分もそうなってもおかしくありません。
    そういう意味でも、今を大切に生きないともったいないなあと思います。



    そして、今日は伏見稲荷に参拝に行きました。
    やはり、この赤い鳥居をくぐっていると、何かすごいな・・
    と感じてしまいます。

    おみくじをひくと、去年と同様?<凶後吉>でした。
    それは、何か自然の法則のようでもありますね。
    悪いことも良いことも続きはしません。
    吉凶入り混じった経験を繰り返している内に、
    乗り越える術や、楽しむ術を知って行くのでしょう。

    そんなこんなで、今年もまた始まりました。。。。。。
    皆様もまた始まっていますね。。。。。。
    また、何があっても乗り越えて行けますように。。。。。



    <<new | 3 / 9pages | old>>
     
    PR
    CALENDAR
    NEW ENTRY
    ARCHIVES
    CATEGORY
    COMMENT
    PROFILE
    MOBILE
    LINK
    SEARCH
    OTHER

    (C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.