2020.01.29 Wednesday

スポンサーサイト

  • Author : スポンサードリンク
  • 0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • - | - | - | - |

    2012.10.04 Thursday 23:33

    光妙寺でのごちそう(*^_^*)

     10月に入って、すっかり秋らしくなりました。
    先日、池田市にあります浄土真宗本願寺派 照耀山 光妙寺を
    春に続いて、再びお伺いさせて頂きました。

    ご存じの方も多いかと思いますが、このお寺の副住職は、
    アトリエMayでお馴染みの雅楽の篳篥奏者深親亮介さんです。
    ご縁があって、深親さんのお母さんにご招待頂きました!(^^)!



    コスモスとススキが風に吹かれていて、初秋を感じました。
    このはかない感じに、まずうっとりです(*^_^*)



    このお花の名前が解りませんが、なぜか懐かしい。。。。



    なんじゃもんじゃの木。
    俗名でしょうが、この名前、好きですわああ!(^^)!



    実は、墓地につながるお庭の一角にあるお手洗いなんですが、
    この気遣いが嬉しいです。
    庭師さんのこだわりもすごい!



    灯篭も色々な姿があります。
    杉とのバランスが絶妙ですですね。



    石の持つパワーが感じれます。



    深親久美子さんの一番のお気に入りの灯篭です。
    確かに、愛らしい姿です!(^^)!

    お庭を散策させて頂くだけで、時間がやさしく流れて行きます。
    こんな時間は、久しぶり。。。。。。



    玄関を開けると、この本堂が広がります。
    何も解らないのですが、何とも落ち着く空間です。



    そして、この空間で、心づくしの手料理を頂きました。
    薬膳と野菜ソムリエの資格取得を目指して、猛勉強中だとか。。。
    素材が良いので、本当に美味しいと感じます。

    今年初めての栗ご飯。湯葉と小松菜をごまドレッシングで。
    アンノうウイモの一口コロッケ、なすの山芋のもずくかけ、赤だし、
    南蛮漬け、自家製ごま豆腐、干し大根の醤油漬け、赤カブのお漬物。

    どれもさり気なくて、器にも思い入れがあります。
    何か忘れかけたものを思い出したというか、、、、、
    改めて、食生活の大切さを思いました。

    心がやさしくなって、カラダも元気になれる一日でした。
    枚方から高速乗って、1時間で行けるのも有難い。
    近くに温泉もあるらしく、今度はちょっと足を延ばしてみたいと思います。

    宗派など関係なく、気軽に来て下さいと、言って頂けるのも嬉しいです。
    お寺で地域の色々なコミュニケーションが広がって、
    出来上がった文化がいっぱいあります。
    またこの不安定な時代にこそ、必要なんだと感じました。
    皆さんも一度、お出かけされませんか?

    詳しくは→ http://www.koumyoji-ikeda.org/




    お宝の雅楽の楽器です。見ごたえありますよ!



    2012.09.17 Monday 01:14

    小林 順子さん

    私と 和紙との出会いは、15年前です。
    インテリアコーディネーターの走りの講座を受講したのが、
    ほぼ25年程前だったかと・・・

    その時の先生が京都の女性で、私より1つ年上でしたが、
    20代で、華やかなキャリアウーマンそのもので、
    どうしたらこんな風になれるのか、講義を受けながらため息をつき、
    きっと彼女を見る私の目は、ハートマークだったような気がします。

    受講も終えて何年か経ったある日、突然その方から電話があり、
    「京都の和紙制作会社のショールームと簡単な事務の仕事があるんだけどう?」
    と誘って頂き、断る訳ない私でございました。
    が、これが、また大変な日々の始まりでもありました^_^;

    その京都の和紙制作会社に入社した15年前からのお付き合いの、
    小林」順子さんが、この度、読売新聞に、大きく掲載されました!
    もちろん、アトリエMayでも、彼女の作品をお取り扱いさせて頂いております。



    とにかく、彼女は、こつこつと和紙で創造していく・・・・・・・
    和紙そのものも生きているんですが、彼女の手によって、
    また更に、その和紙に命が宿っていくのだから、
    本当にすごいと思う訳です。

    無心というのかな・・・・・
    不器用な人なんだけど、味がある。
    彼女の作品は、小林順子そのものだと思います。
    和紙が好きなんですよ。本当に。
    私たちは、伝統的な和紙の産地出身でないので、
    とても説得力に欠ける場合もありますが、
    だけど、本当に、紙というものを愛おしく想っていることには間違いないです。

    今回の読売新聞の取材があったことも、
    小林さんは、何も言わないんです。
    たまたま、家族が見つけた!
    そんな感じもまた、彼女らしく、好きなところです。。。。。
    とにかく、小林さんは、ひたすら、和紙で作品を創り続ける。

    色々な方々との出会いの中で、色々な刺激を受け、
    今の自分があるのですが、
    これからも、お互いに、紙を通じてのお付き合いは、
    永遠にさせて頂きたいと、心から思います。

    和紙と、小林順子さんとの出会いに感謝です\(^o^)/



    アトリエMayでの、小林順子さんの作品展の写真です。
    この写真は、小林さんのお父さんの冬木賢周さんが撮影されたものです。






    2012.08.26 Sunday 00:20

    お伊勢さんへ!

     もうすぐ8月も終わるというのに、
    まだまだ残暑が厳しいですが、皆さんお元気ですか?
    この夏、どこに行かれましたか?
    私は、先日伊勢方面に、1泊でお出かけしました!




    伊勢には、何度も行ってますが、夫婦岩は・・・
    小学校6年生の修学旅行以来かも?!
    ちょっと、今更ながら感動しました(*^_^*)

    小学校6年生の私は、この夫婦岩に、何を感じたんでしょう。。。。。

    こんなに近くで見た記憶がない(@_@;)



    カエルさんも至る所に、鎮座されたましたが、
    これ、40年前にありましたっけ?
    無事に帰る・お金がかえる…色々ご利益あるそうです!(^^)!



    鳥居に鳥?!海鵜ですか?居心地良いみたいです(^_-)-☆



    朝方、目が覚めたら、夜明け前の海に遭遇・・・本当に感動しました!(^^)!
    寝ぼけてましたが、あんまりきれいで、シャッターを!
    エネルギーが充満してる感じ!
    太陽のエネルギーが、放射されていますね!



    そして、太陽が顔を出しました!
    早起きは、本当にお得ですね(^_-)-☆



    伊勢神宮・外宮の大好きな場所です。
    毎回、シャッター押してます(^_-)-☆



    鯉と亀が気持ちよく泳いでいます。



    内宮・五十鈴川
    何度来ても、心が洗われるような水のある風景です。



    もう蓮は終わっていました。
    水と緑のハーモニーが美しい風景です。



    そして、自宅のある西へ・・・
    夕焼けもまた美しい。。。。。。

    何度お伺いしても、本当に美しい風景を拝めるお伊勢さん。
    上げ膳据え膳も、主婦にとっては有難い!
    やはり神様はいる・・・と、素直に有難く感じる幸せな1泊旅行でした。
    これぞ命の洗濯です。

    追加ですが、露天風呂入りながら眺めた満天の星空に、
    流れ星☆を発見した時は、本当にやったー\(^o^)/って感じでした!

    また、心新たに頑張るぞ!と誓える旅に感謝。。。。。。

    2012.04.22 Sunday 19:45

    榊原鈞さんの絵画展

     <洒洒落落>

    終わりの始まりに・・・・
        70歳記念 初個展
                 榊原鈞さんの絵画展

    場所:大阪駅前第二ビル5階 大阪市立総合生涯学習センター
       ギャラリーBにて

    期間:4月21日(土)〜4月25日(水)10:00〜19:00
                          最終日は18:00



    榊原鈞さん

    学生時代から絵画を始められて、途中中断され、
    58歳で大病をされ、また再開されたそうです。

    今回、私のデザインしたヨシ紙照明器具を商品化するにあたり、
    相談させて頂いた照明関係の師匠です。

    まだ、お目にかかってから1カ月もしていませんが、
    作品を拝見していると、とても昔から知っていたような気持ちになりました。
    アートは、コミュニケーションツールだと、改めて確信しました。



    静物画シリーズ



    風景画シリーズ

    富田林の寺内町もありました。

    人には、それぞれ忘れ難い場所がありますよね。。。。。



    どこか懐かしい風景の感じがしました。
    ヨーロッパも行ったことがない私ですが・・・

    どうってことない風景が、とても気になったり・・・
    行ったことがなくても、どうしても夢に出てくる場所だったり・・・
    潜在的な思い出の場所って、誰にでもあるのでしょうか?



    抽象画シリーズ <祭り>

    祭りの賑わいの後のムナシサをヨシとする・・・
    そんなコメントがあったような気がしましたが。。。



    私のお気に入り
    <静物b>



    私のお気に入り
    <塔への路>



    私のお気に入り
    <赤壁の道>

    なぜか、この赤い壁がとっても気になりました!

    写真が撮れていなかったのですが、
    絵から文字が生まれて久しいのですが、
    文字では表現できない、伝えられないことを、
    また絵にしてみると、見えてくる何かがある
    ・・・みたいなメッセージに共感しました!

    <伝言><暗号>そんなタイトルでした。

    私も70歳の頃、また絵を描いていたいなあ・・・なんて、
    ちょっと思いました。




    2012.04.01 Sunday 20:25

    百済王神社春祭り

     本日、枚方市中宮西之町の百済王神社で、
    春祭りが開催されました。
    私は午後からの神楽・雅楽に寄せて頂きました。
    昨年秋に2度、練習風景を取材させて頂いたご縁です。




    <宝栄の舞>

    舞われてるのは、小中学生の巫女さんで、
    とても初々しい感じで、良かったです。



    雅楽演奏<鶏徳>

    篳篥・笙・龍笛・太鼓







    神様の遣い<神馬>
    何ともほれぼれするお姿です。



    <鈴扇>

    最後に、千年の鈴を振って頂き、有難き幸せでした。


    お隣にある<百済寺跡>(8世紀後半)

    百済寺は、朝鮮半島から渡来して天皇家とも姻戚関係を結んだ
    百済王一族の氏寺で、
    大阪城とともに、府内に2つしかない特別史跡だそうです。



    今年の3月9日付けの新聞によると、
    大型建物跡が見つかったそうです!



    郷土史なのに、恥ずかしながら知らないことばかりです。
    だけど、少しづう知りながら、古代ロマンに想いをはせるのも贅沢な時間です。



    桜(早咲きの品種ですかね?)とモチの木
    このコンビネーションは、滅多に見られないように思いましたが・・・



    ソメイヨシノの桜は、あともう少し!
    一気に咲き始めんとす!
    まさしくエネルギーのかたまりを、ひしひしと感じます。

    皆様にも、この蕾パワーが届きましたでしょうか?

    私も一気に頑張れそうな気持ちになった
    新年度の初日の1日でした!(^^)!

    。。。。。。。感謝・感謝。。。。。。。

    <<new | 3 / 8pages | old>>
     
    PR
    CALENDAR
    NEW ENTRY
    ARCHIVES
    CATEGORY
    COMMENT
    PROFILE
    MOBILE
    LINK
    SEARCH
    OTHER

    (C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.